ルパン三世:“ルパン”栗田貫一 山田康雄さんの言葉に「心が引き締まる思い」 浪川大輔、沢城みゆき、山寺宏一コメントも

「ルパン三世 PART6」に出演する(下段左から)栗田貫一さん、浪川大輔さん、沢城みゆきさん、山寺宏一さん 原作:モンキー・パンチ(C)TMS・NTV
1 / 9
「ルパン三世 PART6」に出演する(下段左から)栗田貫一さん、浪川大輔さん、沢城みゆきさん、山寺宏一さん 原作:モンキー・パンチ(C)TMS・NTV

 人気アニメ「ルパン三世」の新作テレビアニメ「ルパン三世 PART6」が、10月9日に日本テレビ系でスタートすることを受けて、ルパン三世役の栗田貫一さんがコメントを寄せた。栗田さんは「先日、夢に山田康雄さん(ルパン三世の初代声優)が現れまして、『割れたガラスの上を歩くような気持ちでルパン三世を演じてくれ』とおっしゃいました。目が覚めた時、心が引き締まる思いがありました。今作はとにかく脚本が奇想天外で面白い作品になっています!」と話している。

 石川五ェ門役の浪川大輔さんは「今回の『ルパン三世 PART6』は、テーマが『ミステリー』ということで、今までの作品のテイストも入りつつ、さらなる物語の展開も期待できる作品となっています。ぜひお楽しみいただけるとうれしいです」とコメントを寄せた。

 峰不二子役の沢城みゆきさんは「毎度新シリーズのたびにチャレンジングなシリーズが続いてきましたが、今回のPART6では、さらに!と言っていいのか、今までとはまた違った挑戦的なシリーズとなっています……!」とコメント。新作は、ロンドンを舞台に「シャーロック・ホームズ対ルパン三世」を描くメインストーリーと、オムニバスエピソードで構成され、「あっと驚くような豪華脚本家の方々が書いてくださった話も織り込まれていて、これが本当に、もう一度言いますね、本当に、十人十色……! どうぞご期待ください!」とメッセージを送った。

 銭形警部役の山寺宏一さんは「ストーリーも素晴らしいし、登場人物も魅力的です! 制作チームや演じる僕たちが力を注いで、今、まさに見ていただきたい『ルパン三世』の世界を作り上げていますので、ぜひ皆様ご期待ください!」と話している。

 ルパン三世一味のキャラクターPVの第1弾として、石川五ェ門のPVがYouTubeで公開された。五ェ門が刀を振るう姿が描かれ、「つまらぬものを斬ってしまった」という名ぜりふが収められている。ほかのキャラクターのPVも今後、順次公開される。

 新作「ルパン三世 PART6」は、「ルパン三世」が今年アニメ化50周年を迎えることを記念して放送される。ルパン三世をひもとく二つのキーワードでストーリーが展開され、1クール目のキーワードは「ミステリー」。舞台はロンドンで、英国政府を陰で操る謎の組織・レイブンが隠したお宝と、その手がかりとなる一枚の絵を狙うルパン三世の前に、探偵シャーロック・ホームズが現れる。

 作家の大倉崇裕さんがシリーズ構成を担当し、ゲスト脚本家として押井守さん、辻真先さん、芦辺拓さん、樋口明雄さん、湊かなえさんが参加する。新作では、小林清志さんが演じてきた次元大介を大塚明夫さんが演じる。

 「ルパン三世」は、テレビアニメ第1シリーズが1971~72年、第2シリーズが1977~80年、第3シリーズが1984~85年、第4シリーズが2015~16年、第5シリーズが2018年に放送された。約23年ぶりとなる劇場版で、シリーズ初の3DCGアニメ「ルパン三世 THE FIRST」が、2019年に公開された。

写真を見る全 9 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る