嵐:初のライブ映画をデビュー記念日に先行公開 結成記念日に発表で櫻井翔「5人がこだわり続けてきた日にち」 全国公開は大野智の誕生日に

「嵐」初のライブ映画「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」のジャパンプレミアに登場した櫻井翔さん
1 / 3
「嵐」初のライブ映画「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」のジャパンプレミアに登場した櫻井翔さん

 櫻井翔さんが9月15日、東京都内で行われた「嵐」初のライブ映画「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」(堤幸彦監督)のジャパンプレミアに登場。イベントでは、櫻井さんが同作の日本公開日を発表。今年11月3日に全国7館のドルビーシネマで先行公開され、26日に全国公開されることが明らかになった。イベントが行われたこの日は同グループの結成記念日、11月3日はデビュー記念日で、櫻井さんは「9月15日にこれをお伝えすること、そして11月3日、デビュー記念日に公開すること、これは我々5人とスタッフがこだわり続けてきた日にちだったので、やっとお伝えできてうれしく思います」と感慨深い表情で語った。

 また、櫻井さんは、全国公開が11月26日であることについても「これはくしくも(メンバーの)大野智の誕生日でありますけど……」と明かし、「ふたつの、記念となるような日に公開となります」と笑顔をみせた。

 「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」は、2020年12月末をもって活動休止した「嵐」の初のライブ映画。2018年11月から19年12月までの期間に計50公演、日本史上最大の1ツアー累計237万5000人を動員した20周年ツアー「ARASHI Anniversary Tour 5×20」と同じ内容のライブを、映画を撮影するため、19年12月23日に東京ドーム(東京都文京区)で1日限りで開催。「ピカ☆ンチ」(2002年)で嵐の初主演映画を監督した堤さんがメガホンをとり、125台のカメラで記録した。第24回上海国際映画祭のDolby Vision部門、Gala部門に同時出品され、今年6月12日に同映画祭でワールドプレミアとして世界初上映された。

 同作について、櫻井さんは「2年前のコンサートなんですけど、あのときのみんなの熱気、我々の思いを真空パックのように閉じ込めたいなと思っていたので、今開いても、時の流れを感じずに楽しんでいただける作品になっているんじゃないかと思います」と手ごたえをコメント。

 最後に、「劇場のポスターに『さあ、映画館で夢のつづきを始めよう。』と書いてあるけど、本当に僕自身にとっての夢の詰まった作品になりました。それは2年前のあのころの夢、あとは満員の観客で埋め尽くされているという『今となっては』の夢。そのたくさんの夢の詰まった作品を見て、これからの夢を、ご覧になった方々に感じていただけたらと思っています」と語った。

写真を見る全 3 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る