ONE PIECE:18メートルの超巨“大海賊百景” 巨大展示お披露目

「ONE PIECE」のコミックス第100巻の発売を記念したイベント「ONE PIECE 100巻記念展示」の「超巨“大海賊百景”」
1 / 28
「ONE PIECE」のコミックス第100巻の発売を記念したイベント「ONE PIECE 100巻記念展示」の「超巨“大海賊百景”」

 人気マンガ「ONE PIECE(ワンピース)」のコミックス第100巻の発売を記念したイベント「ONE PIECE 100巻記念展示」が、9月17日からウォーターズ竹芝(東京都港区)で開催される。作者の尾田栄一郎さんが第100巻の発売を記念して描き下ろした絵巻「大海賊百景」の巨大展示「超巨“大海賊百景”」が登場する。高さ約5メートル、幅約18メートルの大型コンテナ6台に巨大絵巻が展示される。

 「大海賊百景」は、全世界を対象にしたキャラクター人気投票「第1回 ONE PIECEキャラクター世界人気投票 WT(ワールドトップ)100」で上位50位に選ばれたキャラクターを中心に尾田さんが描き下ろした絵巻で、連載誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で公開された。担当者によると、「超巨“大海賊百景”」は「身長が高いキャラクターが多い『ONE PIECE』の迫力を再現するのにこだわった」という。

 ウォーターズ竹芝の敷地内にあるアトレ竹芝では、全100巻のコミックスと「ONE PIECE」の歴史を時系列で振り返ることができるパネル「100巻立ち読み図書館」も展示する。パネルは、「『ONE PIECE』を読んでない人でも一目で『ONE PIECE』の歴史が分かる」ことがポイントという。

 アトレ竹芝では、「大海賊百景」のフィギュアを中心に全20体のフィギュアが展示される。バンダイスピリッツの「フィギュアーツZERO モンキー・D・ルフィ - WT100記念 尾田栄一郎描き下ろし 大海賊百景-」(7700円、2022年2月発売)、「ワンピース ワールドコレクタブルフィギュア-WT100記念 尾田栄一郎描き下ろし 大海賊百景1-」、スピードくじ「一番くじ ワンピースWT100記念 尾田栄一郎描き下ろし 大海賊百景」(1回700円、2022年1月5日発売)などがお披露目された。

 「ONE PIECE」は、手足などがゴムのように伸びる麦わら帽子の青年・ルフィが、海賊王を目指して仲間と共に大海原を冒険する姿を描くマンガ。1997年に「週刊少年ジャンプ」で連載が始まった。

 2010年3月に発売されたコミックス第57巻の初版発行部数が日本出版史上最高となる約300万部を記録。2012年8月発売の第67巻は初版約405万部で、自己記録を更新した。2015年6月には「最も多く発行された単一作者によるコミックシリーズ」のギネス世界記録に認定された。1月4日発売の「週刊少年ジャンプ」5・6合併号で連載1000話に到達した。コミックスの全世界累計発行部数は、4億9000万部を突破している。コミックス第100巻が9月3日に発売された。

写真を見る全 28 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る