尾上右近:孝明天皇から松平容保へ 「燃えよ剣」で映画初出演、原田眞人監督が絶賛

映画「燃えよ剣」で松平容保を演じる尾上右近さん(C)2021「燃えよ剣」製作委員会
1 / 1
映画「燃えよ剣」で松平容保を演じる尾上右近さん(C)2021「燃えよ剣」製作委員会

 司馬遼太郎のベストセラー小説を、人気グループ「V6」の岡田准一さん主演で実写映画化する「燃えよ剣」(原田眞人監督)が、10月15日に公開される。放送中のNHKの大河ドラマ「青天を衝(つ)け」に孝明天皇役で出演し、好評を博している尾上右近さんだが、本作では新選組発足に深く関わる会津藩藩主・松平容保を演じている。意外にも映画初出演である右近さんの魅力を紹介する。

 容保は、一橋慶喜によって京都守護職に任命され、近藤勇、土方歳三ら壬生浪士組(後の新選組)に市中警備を任せた人物だ。右近さんが演じる本作では、冷徹な慶喜に翻弄(ほんろう)されながらも、会津藩藩主としての誇りやルーツを重んじ、激動の時代の中でかたくなに自分の家訓や伝統を貫いた人物として描かれている。

 原田監督は、観客に「容保はこういう人物だったのか」という発見を体験してもらうべく、容保役には新鮮な役者、また歌舞伎界からのキャスティングを熱望していたといい、「本人が映画の出演を希望していたこと、(昭和を代表する映画スター)鶴田浩二さんの孫ということもプラスの材料でした。伝統芸能のなかで鍛えられてきているし、モダンボーイの一面もあるし、とても謙虚な人でした」と右近さんのハマりっぷりを絶賛する。

 右近さんは「おそらく一生忘れないであろうという思いで撮影を経験させていただきました」と感慨深げに語り、「容保は何よりも実直な人間で、まじめな性格。僕もまあ自分で言うのもなんですけど、まじめな一面もありますので、自分の歌舞伎に対する姿勢のありかたという部分と、容保の天皇や将軍家に対する姿勢、実直さというものは重ね合わさる部分があったのではないか」と役柄と自身の共通点について語った。

 さらに、初めての映画の撮影現場を「歌舞伎の場合は下座音楽といって、三味線や太鼓や笛の音を聞きながらセリフを言うので、音楽の作ってくれる情景に乗っかって自分がセリフを言っていくようなところがあるんですけど、音がない状態でのセリフのやり取りというのは、自分で監督のおっしゃっている雰囲気をくみ取らないといけない。そこが楽しく難しかった」と振り返っている。

 映画は、“史上最強”の剣客集団「新選組」と副長・土方歳三の姿を描く歴史スペクタクル。土方を岡田さん、近藤勇を鈴木亮平さん、沖田総司を山田さん、芹沢鴨を伊藤英明さんがそれぞれ演じる。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る