小松未可子:アニメ「アイの歌声を聴かせて」見どころは“AI×ミュージカル” 「新しいミュージカルシーンが生まれた」

「アイの歌声を聴かせて」の完成披露試写会に登場した小松未可子さん
1 / 1
「アイの歌声を聴かせて」の完成披露試写会に登場した小松未可子さん

 劇場版アニメ「アイの歌声を聴かせて」(吉浦康裕監督、10月29日公開)の完成披露試写会が9月22日、新宿ピカデリー(東京都新宿区)で開催され、声優の小松未可子さんが登場した。女優の土屋太鳳さんが声優を務める“ポンコツAI”の主人公・シオンのクラスメートのアヤを演じた小松さんは「ミュージカルになると、シオンがいろいろなAIを駆使していて、『こんなシーンになるんだ!』とすごく印象的でしたね。AI×ミュージカルで、新しいミュージカルシーンが生まれたなと思いました」と語った。

 イベントには、シオン役の土屋太鳳さん、サトミ役の福原遥さん、トウマ役の工藤阿須加さん、ゴッちゃん役の興津和幸さん、サンダー役の日野聡さん、美津子役の大原さやかさん、吉浦監督も登場した。

 「アイの歌声を聴かせて」は、「イヴの時間」「サカサマのパテマ」などの吉浦監督のオリジナルアニメで、ポンコツのAIとクラスメートたちの友情や絆を描く。吉浦監督が原作、脚本を手掛け、「コードギアス 反逆のルルーシュ」などの大河内一楼さんが共同脚本として参加。マンガ「海辺のエトランゼ」などで知られる紀伊カンナさんがキャラクター原案、「コードギアス 亡国のアキト」などの島村秀一さんが総作画監督を務める。「とある魔術の禁書目録」などのJ.C.STAFFが制作する。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る