斎藤工:「CUBE」の撮影は「『魔界村』でいう“パンイチ”の状態」 菅田将暉は「気付いたら筋肉が」

映画「CUBE 一度入ったら、最後」の完成披露試写会に登場した斎藤工さん
1 / 9
映画「CUBE 一度入ったら、最後」の完成披露試写会に登場した斎藤工さん

 俳優の斎藤工さんが9月22日、東京都内で行われた映画「CUBE 一度入ったら、最後」(清水康彦監督、10月22日公開)の完成披露試写会に共演の菅田将暉さんらと登場。斎藤さんは、MCから今作の舞台となる謎の立方体「CUBE」での撮影について聞かれると、「僕はみなさんより『CUBE』自体との皮膚接触が多かったんです。履き物がない状態で、(ゲームの)『魔界村』でいう“パンイチ”の状態で始まったので。で、手すりに裸足で上るとき、極力、足のツボに収まるように撮影していたので、比較的健康になっていき……」と振り返り、菅田さんら共演者の笑いを誘っていた。

 さらに斉藤さんは、「CUBE」のセットについて「ジムですね、あれ」と独特の感想を吐露。菅田さんから「『CUBE』で健康になろうとしてたんですか?」と突っ込まれた斎藤さんは「そうです」と即答し、菅田さんを笑わせていた。

 完成披露試写会には杏さん、岡田将生さん、田代輝さん、吉田鋼太郎さん、清水監督も出席。撮影現場にフィットネスのゲームを持参したという杏さんは、MCから「CUBE」での撮影について聞かれると、登壇者を見渡して「みんな、腕にこなかった?」と質問。菅田さんが「きました、きました」と同意すると、杏さんは「こんなにはしごを乗り降りすることって普段、なかったから。それでちょっとフィットネス(のゲーム)を始めて(笑い)。だんだん、みんなどんどんはしごの上り下りが早くなって……」と回顧。菅田さんも「気づいたら、筋肉がついてだんだん体が丸くなっていきました」と撮影を振り返っていた。

 「CUBE 一度入ったら、最後」は、1997年に公開されたヴィンチェンゾ・ナタリ監督による密室サスペンス映画「CUBE」のリメーク作。突然閉じ込められた男女6人には何の接点もつながりもなかった。理由も分からないまま脱出を試みる彼らを、熱感知式レーザー、ワイヤスライサーや火炎噴射など、殺人的なトラップが次々と襲う。仕掛けられた暗号を解明しなくては、そこから抜け出すことは絶対にできない。はたして彼らは無事に脱出することができるのか……というストーリー。

写真を見る全 9 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る