+Ultra:フジテレビの深夜アニメ枠 クランチロール、スロウカーブと共同制作体制 世界発信を強化

「マブラヴ オルタネイティヴ」のビジュアル(C)aNCHOR/オルタネイティヴ第三計画
1 / 3
「マブラヴ オルタネイティヴ」のビジュアル(C)aNCHOR/オルタネイティヴ第三計画

 フジテレビの深夜アニメ枠「+Ultra(プラスウルトラ)」が、米国のアニメ配信サービス大手のクランチロール、アニメなどの企画、プロデュース、宣伝を手掛けるスロウカーブと共同制作体制をスタートすることが9月23日、明らかになった。世界に向けたアニメの発信をより強化するのが狙い。海外のタレントやクリエ-ターとの協業企画なども検討し、海外市場を視野に入れたオリジナル企画、原作の発掘などを予定している。

 クランチロールは、登録ユーザー約1億2000万人、有料会員約500万人とアニメ配信サービス。200以上の国や地域にアニメを配信している。米国、欧州を中心に、アジア以外の全世界で「+Ultra」の作品のマーケティング、独占配信、商品化を含めたビジネスを強化する。スロウカーブは、これまで「+Ultra」枠で担ってきたマーケディングプロデュースに加え、世界に向けたアニメの企画開発にも参画する。

 「+Ultra」は、世界に向けて日本発のアニメを発信することをコンセプトとした深夜アニメ枠で、2018年10月にスタート。「INGRESS THE ANIMATION」「revisions リヴィジョンズ」「キャロル&チューズデイ」「BEASTARS」「空挺ドラゴンズ」などの話題作を放送してきた。

 人気ゲーム「マブラヴ」シリーズが原作のテレビアニメ「マブラヴ オルタネイティヴ」を10月から放送し、クランチロールが同作のマーケティング、独占配信を担当する。今後は、「コードギアス」シリーズなどの谷口悟朗さんが総監督をつとめるオリジナルアニメ「エスタブライフ」、マンガ「人形の国」「シドニアの騎士」「BLAME!」などの弐瓶勉さんとポリゴン・ピクチュアズによる新プロジェクトも放送する。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る