松坂桃李:古田新太との共演で疲弊 「カロリーの消費量が高い……」

映画「空白」の初日舞台あいさつに登場した松坂桃李さん(右)と古田新太さん
1 / 10
映画「空白」の初日舞台あいさつに登場した松坂桃李さん(右)と古田新太さん

 俳優の松坂桃李さんが9月23日、東京都内で行われた映画「空白」(吉田恵輔監督)の初日舞台あいさつに、主演の古田新太さんと登場。今作で、古田さん演じる主人公・添田充の娘が交通事故で死亡するきっかけを作ったスーパーの店長・青柳直人を演じ、劇中では古田さんから罵倒されるシーンも多いという松坂さんは、「毎シーン毎シーン、古田さんとのシーンはカロリーの消費量が高いんですよね」と苦笑い。「だから毎回僕は疲弊し切って、(現場から)そのままホテルに帰っていました」と振り返っていた。

 松坂さんと古田さんは実写映画初共演。松坂さんは、古田さんとの共演について「ここまでまったく関係性が違う中で演じられたのはうれしくて。実際にお芝居してみると、本当につらい気持ちになってくるんですよ……(笑い)。その時間を共有するのは、僕は楽しかったですね」と感想を語りつつ、「(次は)違う関係性で、もっと仲の良い関係性でやりたいなと思います」と笑っていた。

 舞台あいさつには田畑智子さん、藤原季節さん、伊東蒼さん、寺島しのぶさん、吉田監督も出席した。
 
 映画は「あゝ、荒野」「新聞記者」「宮本から君へ」などの河村光庸プロデューサーが企画、「ヒメアノ~ル」「犬猿」「愛しのアイリーン」の吉田さんが監督と脚本を担当するオリジナル作品。スーパーで万引き現場を店主に見られ逃走した女子中学生が、乗用車とトラックにひかれ死亡してしまう。女子中学生の父親は「娘が万引きをするわけがない」と信じ、疑念をエスカレートさせ、事故に関わった人々を追い詰める。一方、事故のきっかけを作ったスーパーの店主、車ではねた女性ドライバーは、父親の圧力にも増して、過熱するワイドショー報道によって、混乱と自己否定に追い込まれていく……というストーリー。

写真を見る全 10 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る