本渡楓:アニメ「takt op.Destiny」で“巻き込まれ”キャラに 「多いですね…」

「takt op.Destiny」の先行上映会の様子(C)DeNA/タクトオーパスフィルハーモニック
1 / 1
「takt op.Destiny」の先行上映会の様子(C)DeNA/タクトオーパスフィルハーモニック

 バンダイナムコアーツとDeNAが展開するクラシックの楽曲をモチーフにしたプロジェクト「takt op.(タクトオーパス)」のテレビアニメ「takt op.Destiny」の先行上映会が9月26日、新宿ピカデリー(東京都新宿区)で開催され、声優の本渡楓さんが登場した。

 クラシックの楽曲を宿す少女・ムジカートが登場するアニメで、主人公・朝雛タクトの幼なじみのアンナ・シュナイダーを演じる本渡さんは「(タクトとムジカートの運命の)二人がすぐに衝突するので、実際の年齢よりもしっかりしなきゃ!と行動します。第1、2話の段階だと、しっかり者だけど、ふびんで、周りに振り回されています。巻き込まれ型ですね」と話した。MCから「巻き込まれ型を演じる機会が多いのでは?」と聞かれると、「多いですね。慣れてきました」と笑顔で語った。

 上映会には、タクト役の内山昂輝さん、運命役の若山詩音さんも登壇した。

 アニメは、異形の怪物D2が、大地と人々を踏みにじり、音楽が禁忌となった世界を舞台に、クラシックの楽曲をモチーフにした少女ムジカート、彼女たちを指揮するコンダクターがD2と戦う姿を描く。広井王子さんが原作を手がけ、「GRANBLUE FANTASY The Animation」などの伊藤祐毅さんが監督を務める。MAPPAとマッドハウスが制作する。テレビ東京系で、10月5日から毎週火曜深夜0時に放送される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る