庵野秀明展:「トップをねらえ!」「ナディア」「エヴァ」 DAICON FILM資料 「逆襲のシャア」同人誌も 貴重な資料を「惜しみもなく」

庵野秀明監督の展覧会「庵野秀明展」の様子
1 / 25
庵野秀明監督の展覧会「庵野秀明展」の様子

 人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズなどで知られる庵野秀明監督の創作活動の秘密に迫る展覧会「庵野秀明展」が、10月1日から国立新美術館(東京都港区)で開催される。9月30日に内覧会が実施され、「シン・仮面ライダー」の立像、庵野監督が中学時代に描いた油絵などがお披露目された。12月19日まで。

 展覧会は、「庵野秀明をつくったもの 庵野秀明がつくったもの そして、これからつくるもの」がコンセプト。庵野監督の過去、現在、未来を「原点、或いは呪縛」「夢中、或いは我儘」「挑戦、或いは逃避」「憧憬、そして再生」「感謝、そして報恩」の5つの章に分けて表現する。

 庵野監督の原点として「ウルトラマン」シリーズや「スーパー戦隊」シリーズ、「マイティジャック」「スペクトルマン」などの造形物、「宇宙戦艦ヤマト」「機動戦士ガンダム」の資料を展示。「仮面ライダー」シリーズなどの映像も楽しめる。

 アマチュア時代の作品「じょうぶなタイヤ!SHADOタイヤ」「DAICON III オープニングアニメーション」「DAICON FILM版 『帰ってきたウルトラマン』」の制作資料や映像展示も登場。庵野監督の中学時代の油絵や実家に残っていた私物、「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」の同人誌なども展示される。

 アニメ作品では、「風の谷のナウシカ」「王立宇宙軍 オネアミスの翼」など参加作品や、「トップをねらえ!」「ふしぎの海のナディア」「エヴァンゲリオン」シリーズなどの監督作の資料のほか、「シュガシュガルーン」のオープニングのラフイメージなどを展示。実写作品では、「ラブ&ポップ」「式日」の資料、「シン・ウルトラマン」「シン・仮面ライダー」のデザイン、「シン・ゴジラ」などでタッグを組んだ樋口真嗣監督の映画「日本沈没」の模型が登場する。

 展示の最後には「シン・ゴジラ」のゴジラ、「シン・ウルトラマン」のウルトラマン、「シン・仮面ライダー」の立像がそろい踏み。写真の撮影を楽しめる。

 カラーの文化事業担当学芸員を務める三好寛さんは、展覧会について「庵野秀明はこの展覧会において、展示品の出品者。アニメや特撮の文化を保存するというポリシーを持つ庵野は、自身の作品、自分が大事に思う作品の資料を展覧会のために惜しみもなく提供し、私たち展示チームと意見交換をしながら、展覧会の形を作っていきました」と説明。「アマチュア時代の作品やイラストレーターとして活躍した時代の作品も展示しています。庵野秀明という森を散策するように、自分にとって面白い作品を見つけていただければ」と語った。

 チケットは日時指定制で、一般2100円、大学生1400円、高校生1000円。大分で2022年2月14日、大阪で同4月16日、山口で同7月8日に開催される。

写真を見る全 25 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る