蒔田彩珠:「アジア・フィルム・アワード」で助演女優賞 朝ドラ“みーちゃん”で話題の若手女優

「第15回アジア・フィルム・アワード」で助演女優賞を受賞した蒔田彩珠さん(C)2020「朝が来る」Film Partners
1 / 2
「第15回アジア・フィルム・アワード」で助演女優賞を受賞した蒔田彩珠さん(C)2020「朝が来る」Film Partners

 河瀬直美監督の映画「朝が来る」に出演した女優の蒔田彩珠さんが、10月8日に韓国・釜山で開催された「第15回アジア・フィルム・アワード(AFA)」で、助演女優賞を受賞した。

 選出を受けて蒔田さんは「この度は、すてきな賞をありがとうございます。まさか自分が受賞できるとは思っていなかったのでとても幸せです。発表の瞬間に立ち会ったのが初めてだったので、ドキドキソワソワしました。自分が誠心誠意取り組んだ作品が、たくさんの国の方に見ていただけていることが、とてもうれしいです。いつかオンラインではなく、実際に釜山に行けたらいいなと思います。ありがとうございました」とコメントしている。

 蒔田さんは2002年8月7日生まれ、神奈川県出身の19歳。放送中の「おかえりモネ」(NHK総合)では、清原果耶さん扮(ふん)するヒロイン・百音の妹・未知を演じ、「みーちゃん」の愛称で親しまれている。

 「朝が来る」は直木賞作家の辻村深月さんの同名小説が原作のヒューマンドラマ。実の子を持てなかった夫婦と、実の子を育てることができなかった14歳の少女を中心に家族の絆と葛藤を描いた。蒔田さんは今作で、出産直後に不妊の夫婦にわが子を差し出した少女・片倉ひかりを演じ、第44回日本アカデミー賞新人俳優賞、第94回キネマ旬報ベスト・テン助演女優賞などに輝いた。

 AFAは2007年に始まったアジアの映画作品を対象にした映画賞で、アジアの“アカデミー賞”ともいわれている。第15回の本年は、昨年に続き、釜山国際映画祭とともに開催されている。

写真を見る全 2 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る