岡田准一:夢は「世界に売れる日本産」を作ること 「『MADE IN JAPAN』の頃から。僕の野望の歌」

映画「燃えよ剣」の初日舞台あいさつに登場した岡田准一さん
1 / 7
映画「燃えよ剣」の初日舞台あいさつに登場した岡田准一さん

 人気グループ「V6」の岡田准一さんが10月15日、東京都内で行われた主演映画「燃えよ剣」(原田眞人監督)の初日舞台あいさつに登場。岡田さん演じる土方歳三ら「新選組」が自分たちの夢を追いかけていたという内容にちなんで「追いかけている夢」を聞かれた岡田さんは、「ちょっと恥ずかしいとこもあるんですけど……」と前置きしつつ、「日本から、世界に売れるものをちゃんと作りたい、という夢はずっと持っています」と俳優としての夢を告白。続けて「若いときから(V6で)『MADE IN JAPAN』という曲を歌っていたので。そこから(の夢)ですね」と冗談めかして語り、会場を笑わせていた。

 一緒に舞台あいさつに登場した鈴木亮平さんが、岡田さんの話を聞いて「あのときからもう……」とつぶやくと、岡田さんは「あのときから(笑い)」と笑いながら繰り返して強調。続けて「『これは日本のものですよ』というものを作りたい、という思いはずっとありました。あのときから」と思いを語り、MCにも「ただスラっと聞いていましたよね? あれ(『MADE IN JAPAN』)、僕の野望の歌ですから(笑い)。よろしくお願いします」と呼びかけ、登壇者の笑いを誘っていた。

 最後に、岡田さんは「こういう本格時代劇、タフな時代劇はなかなか作られづらい時代になっている」と現状を語りつつ、「こういう作品がヒットして、『日本産だ』と世界に認められるものになってほしい、という願いを込めて現場に臨んでいます」と胸中を語り、しめくくった。

 舞台あいさつには、柴咲コウさん、「Hey! Say! JUMP」の山田涼介さん、尾上右近さん、伊藤英明さん、原田監督も出席した。

 映画は、司馬遼太郎のベストセラー小説が原作。激動の幕末を舞台に、“史上最強”の剣客集団「新選組」と副長・土方歳三の姿を描く。武州多摩の百姓の悪ガキだった土方歳三(岡田さん)は、「武士になりたい」という熱い思いを胸に、近藤勇(鈴木さん)、沖田総司(山田さん)らと共に京都を目指す。徳川幕府の後ろ盾のもと、芹沢鴨(伊藤さん)を局長に擁し、新選組を結成。土方は“鬼の副長”と呼ばれ、討幕派勢力制圧に活躍を見せる。そんな中、土方はお雪(柴咲さん)と出会い、引かれ合うが、時流は倒幕へ傾いていき……というストーリー。

写真を見る全 7 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る