桐谷健太:三船敏郎賞を受賞 「眼光が往年の三船敏郎みたい」と言われ親近感

「京都国際映画祭2021」授賞式に出席した桐谷健太さん
1 / 5
「京都国際映画祭2021」授賞式に出席した桐谷健太さん

 10月11日から開催されたきた「京都国際映画祭2021」の授賞式が17日、京都市内で行われ、国際的な活躍が期待される俳優を選出する「三船敏郎賞」に桐谷健太さんが選ばれた。授賞式に登場した桐谷さんは「このように素晴らしい賞をいただけて、ありがとうございます」と喜びのコメント。桐谷さんは今年、三船さんが出演した映画「酔いどれ天使」を原作にした舞台に、三船さんが映画で演じた松永役で出演したことなどが評価された。

 桐谷さんは「5歳からこの世界に憧れを持ち、どうやったら役者になれるか分からず、強い思いだけが拡大していき、表情に出たんでしょうね。『目がギラギラしている』と多くの人に言われ、何人かから『眼光が往年の三船敏郎みたいやな』と言われ、三船さんに一方的に親近感を覚えていました」と回顧。

 「この賞をいただいたので、日本でも世界でも活躍し、人の心を震わせて感動を与えられる役者に俺はなる!」と宣言していた。

 「京都国際映画祭」は、1997年から京都市内で開催されてきた「京都映画祭」を発展継承する形で2014年にスタート。今年は、日本映画の発展に貢献した制作者を選出する「牧野省三賞」に「百円の恋」「全裸監督」などで知られる武正晴監督が選ばれた。

写真を見る全 5 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る