ラブライブ!スーパースター!!:クライマックス第12話「Song for All」 “澁谷かのん”伊達さゆり「Liella!のこれからを見守りたい」

「ラブライブ!スーパースター!!」の第12話「Song for All」の一場面(C)2021 プロジェクトラブライブ!スーパースター!!
1 / 24
「ラブライブ!スーパースター!!」の第12話「Song for All」の一場面(C)2021 プロジェクトラブライブ!スーパースター!!

 アニメなどが人気の「ラブライブ!」シリーズの新シリーズのテレビアニメ「ラブライブ!スーパースター!!」が、NHK・Eテレで10月17日に放送された第12話「Song for All」でクライマックスを迎えた。澁谷かのん役の伊達さゆりさんは、第12話について「台本を一人で読んだ時から号泣で、台本が涙でぐしゃぐしゃになりました」と明かし、「最後のかのんが、想(おも)いを大声で吐き出すシーン。みんなの温かさに触れたから出た言葉。Liella!(リエラ)のこれからを見守りたいと改めて感じたお話でした」とコメントを寄せている。

 伊達さんら「Liella!」のキャスト5人が出演する生配信番組「Liella!生放送」が、10月19日午後8時からYouTubeLIVE、バンダイチャンネルほかで配信されることも発表された。10月24日午後1時からは、テレビアニメ第9~12話の振り返り上映とキャストトークが行われるイベント「ラブライブ!スーパースター!! 結ヶ丘のみんなで振り返り上映会☆(3)」が開催される。イベントの模様はライブビューイングされ、生配信も実施される。

 「ラブライブ!スーパースター!!」は、表参道と原宿と青山の間にある新設校・私立結ヶ丘女子高等学校を舞台に、澁谷かのんを中心とした5人の少女たちがスクールアイドルとして活躍する姿を描く。

 ◇伊達さゆりさんのコメント

 --第12話を振り返って感想は?

 第12話は……台本を一人で読んだ時から号泣で、台本が涙でぐしゃぐしゃになりました。メンバーだけでなく学校のみんなが一つに結ばれて「結ヶ丘」になっていく彼女たちの成長を見守ることができて、とてもうれしかったです。挿入歌をステージで披露できたのもみんなが支えてくれたからであり、「結ヶ丘」が一つになった瞬間を目の当たりにしたお話でした。新たに始まっていく彼女たちの物語を想像させるそんな大好きなお話です。

 --第12話で印象的なシーンは?

 特に好きなシーンが、サニーパッションとかのんが話し合うところ。4人には言ったことのない想いをぼそっと「自由に表現できるだけでもう……本当は、それだけで幸せで……」とつぶやくかのん。どこか私自身の想いと重なり、過去の彼女では想像もできなかったくらい今が幸せなんだろうなと涙が出ました。そして最後のかのんが、想いを大声で吐き出すシーン。みんなの温かさに触れたから出た言葉。Liella!のこれからを見守りたいと改めて感じたお話でした。

写真を見る全 24 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る