To LOVEる-とらぶる-:連載15周年で初の原画展 「大丈夫!?」「どこまで展示が許されるかは…」

「To LOVEる-とらぶる-」シリーズの原画展「To LOVEる-とらぶる-15周年記念原画展」のビジュアル(C)矢吹健太朗・長谷見沙貴/集英社
1 / 4
「To LOVEる-とらぶる-」シリーズの原画展「To LOVEる-とらぶる-15周年記念原画展」のビジュアル(C)矢吹健太朗・長谷見沙貴/集英社

 矢吹健太朗さんの人気マンガ「To LOVEる-とらぶる-」シリーズの連載開始15周年を記念して、初の原画展「To LOVEる-とらぶる-15周年記念原画展」が11月6日から東京ソラマチ スペース634(東京都墨田区)で開催されることが分かった。ララらヒロインが描かれたメインビジュアルも公開された。11月15日まで。

 矢吹さんは「『ソラマチでTo LOVEるの原画展?大丈夫!?』って思った方、僕も同じ気持ちです(笑い)。どこまで展示が許されるかはともかく、すっかりデジタル原稿になってしまった今、生の原稿を見ていただくかなりレアな機会になるかと思います! キービジュアルも気合を入れて準備中なのでお楽しみに~!!」と話している。

 「To LOVEる-とらぶる-」は、デビルーク星からやって来た王女・ララと同居することになった男子高校生・結城リトが、同級生の美少女たちに囲まれながら過ごす日々が描かれ、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で2006~09年に連載された。スピンオフ「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」が「ジャンプSQ.」(同)で2010~17年に連載。テレビアニメも人気を集めた。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る