ヴァイオレット・エヴァーガーデン:鈴木愛理 繊細な“音”に鳥肌 「“愛してる”を伝えられる幸せ」

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン特別編集版」の一場面(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会
1 / 3
「ヴァイオレット・エヴァーガーデン特別編集版」の一場面(C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

 京都アニメーションが手がけるアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が、日本テレビの映画枠「金曜ロードショー」で10月29日、11月5日に2週連続で放送されることを受けて、アイドルグループ「℃-ute(キュート)」の元メンバーで歌手の鈴木愛理さんがコメントを寄せた。鈴木さんは、作品の魅力について「“愛してる”という言葉がこんなにも大切な言葉であること、そしてそれを伝えられるってすごく幸せなんだということ……。それを心の一番温かいところで感じることができる」と話している。

 鈴木さんは「京アニさんの作り上げる美しい作画と音楽が大好きです」といい、「特に環境音が距離感から何まで繊細に聴こえた時には鳥肌が立つほどでした」とコメントを寄せている。

 金曜ロードショーでは、10月29日午後9時に石立太一監督の監修で「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のテレビシリーズを新たに再構成した「特別編集版」が放送され、11月5日午後9時に2019年に劇場公開された「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-」が本編ノーカットで放送される。「特別編集版」「外伝」は、ともに地上波初放送となる。

 「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は、「第5回京都アニメーション大賞」の大賞を受賞した暁佳奈さん作、高瀬亜貴子さんイラストのライトノベルが原作。かつて軍人として戦ったヴァイオレット・エヴァーガーデンが、依頼者の思いをくみ取って言葉にする自動手記人形となり、さまざまな依頼者のさまざまな感情に触れ、人の心を理解していく……というストーリー。テレビアニメが2018年1~4月に放送された。新作劇場版アニメ「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が2020年に公開され、興行収入が約21億3000万円を記録するなどヒットしたことも話題になった。

 ◇鈴木愛理さんのコメント全文

 この作品の魅力は、まずは、“愛してる”という言葉がこんなにも大切な言葉であること、そしてそれを伝えられるってすごく幸せなんだということ……。それを心の一番温かいところで感じることができるというのが一つ。そしてもう一つは、京アニさんの作り上げる美しい作画と音楽が大好きです。特に環境音が距離感から何まで繊細に聴こえた時には鳥肌が立つほどでした。作品の魅力は語りきれませんが、大きく二つはこれかなと思います。

 好きなせりふは、とってもベタですが……「『愛してる』を、知りたいのです」ですね。これはいつ思い出してもとても深いなと思いつつ、このアニメの一番の核になるところであるというか……。私は果たして本当の愛してるを知っているのか。そんなことまで考えさせられるせりふでした。

 ヴァイオレットちゃんの魅力は、真っすぐで純粋で、とにかく前に前に勇敢に立ち向かっていくところです。ヴァイオレットちゃんのような女性は私の周りにいないので、少し非現実的な感覚になってもおかしくないのに、どこか放っておけない魅力もあって。ヴァイオレットちゃんの心の変化にいつも心揺さぶられながら見ていました。あとは単純に……可愛い!!!!!

 この作品は、ラジオのディレクターさんや同い年の友人から勧められて見ました。そして私もこのアニメはたくさんの人に勧めました! 親友たちやヘアメークさん、ラジオでも語り明かしましたし、身近な人にはたくさんお勧めしました。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る