真木よう子:謎の観光客役で「コンフィデンスマンJP 英雄編」に出演 瀬戸康史はICPOの捜査官に

映画「コンフィデンスマンJP 英雄編」に出演する(上段左から)広末涼子さん、瀬戸康史さん、真木よう子さん、(下段左から)関水渚さん、織田梨沙さん、徳永えりさん(C)2022「コンフィデンスマンJP」製作委員会
1 / 1
映画「コンフィデンスマンJP 英雄編」に出演する(上段左から)広末涼子さん、瀬戸康史さん、真木よう子さん、(下段左から)関水渚さん、織田梨沙さん、徳永えりさん(C)2022「コンフィデンスマンJP」製作委員会

 女優の長澤まさみさん主演、東出昌大さん、小日向文世さん共演の人気シリーズの映画第3弾「コンフィデンスマンJP 英雄編」(田中亮監督、2022年1月14日公開)の第2弾キャストが10月21日に発表され、真木よう子さん、瀬戸康史さんらが出演することが分かった。真木さんが演じる人物は役名一切不明で、マルタに来た観光客としか発表されていない。瀬戸さんは、ダー子たちの前に立ちはだかるICPO(国際刑事警察機構)の捜査官・マルセル真梨邑を演じる。

 「コンフィデンスマンJP」は、連続ドラマが2018年4月期にフジテレビ系“月9”枠で放送。信用詐欺(コンゲーム)師のダー子、ボクちゃん、リチャードが、さまざまな業界を舞台に、壮大かつ奇想天外な計画で、欲望にまみれた人間たちから大金をだまし取る……という“痛快エンターテインメントコメディー”。映画化され、これまでに「ロマンス編」と「プリンセス編」が公開されている。

 新作は、イタリア・シチリア島南部にあるマルタ共和国の首都ヴァレッタを舞台に、ダー子たちがコンゲームを繰り広げる。

 また、スペシャルドラマ「運勢編」で初登場し、前作に続き3度目の登場となる腕利きハニートラッパー・韮山波子役で広末涼子さん、映画第1作「ロマンス編」で初登場した“ダー子の一番弟子”モナコ役で織田梨沙さん、さらに“2代目コンフィガール”であるコックリ役・関水渚さんが再登場。さらに、海上自衛官役で徳永えりさんが初出演する。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る