交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション:完結作「EUREKA」はどうなる!? 京田知己監督「すごく説明しづらい…」

「EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」のイベントに登場した(左から)京田知己監督、遠藤璃菜さん、名塚佳織さん、「変態紳士クラブ」
1 / 1
「EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」のイベントに登場した(左から)京田知己監督、遠藤璃菜さん、名塚佳織さん、「変態紳士クラブ」

 人気アニメ「交響詩篇エウレカセブン」の劇場版アニメの完結編となる第3作「EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」のイベントが10月28日、秋葉原UDXシアター(東京都千代田区)で開催され、京田知己監督が登場した。京田監督は新作について「前作からの直結の続編。すごく説明しづらい……」と話した。

 新作は、前作「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」から10年がたち、大人になったエウレカやアネモネが登場する。世界中から憎まれるエウレカが、新たな“EUREKA”少女アイリスを命を懸けて守ろうとするという。

 京田監督は、制作状況について「制作はクライマックス。長いことやってきた作品が終わっていくことに携われたのがありがたいと思いながら、みんな頑張って!と旗を振っている。みんなで頑張っています」と明かした。

 イベントには、エウレカ・サーストン役の名塚佳織さん、アイリス・マッケンジー役の遠藤璃菜さん、主題歌「Eureka (feat. kojikoji)」を担当する音楽ユニット「変態紳士クラブ」も登壇。名塚さんはアフレコの様子を「アイリス(遠藤さん)と二人で録(と)れたので、一緒に旅をしていたようで、楽しかったです。ずっと癒やされていました」と話すと、遠藤さんは「(名塚さんが)優しくて、楽しかったです」と語った。

 「エウレカセブン」は、英雄だった父・アドロックを失ったレントンの前に、LFO(巨大人型ロボットの総称)のニルヴァーシュと反政府組織ゲッコーステイトの少女エウレカが現れ、戦いに巻き込まれていく……というストーリー。テレビアニメ「交響詩篇エウレカセブン」が2005~06年に放送された。

 「ハイエボリューション」シリーズの第1作「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」が2017年9月、第2作「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」が2018年11月に公開された。第3作「EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」が11月26日に公開される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る