仮面ライダーオーズ:“ヒナ”高田里穂、「自宅でふんにゅ~」と怪力演技を自主トレ “映司”渡部秀が突っ込みも

第34回東京国際映画祭の「仮面ライダーオーズ/OOO」トークイベントに登場した高田里穂さん
1 / 9
第34回東京国際映画祭の「仮面ライダーオーズ/OOO」トークイベントに登場した高田里穂さん

 2010~11年に放送された特撮ドラマ「仮面ライダーオーズ/OOO」でヒロインの泉比奈を演じた高田里穂さんが11月5日、東京都内で開催中のアジア最大級の映画祭「第34回東京国際映画祭」(TIFF)のトークイベントに登場。撮影中は“怪力キャラ”の比奈の役作りのため、「自宅の鏡の前で椅子や段ボールを持って、どうやったら重たく見えるのか、練習していました」と明かし、「一人で『ふんにゅ~』って言いながら(持っていました)」と振り返っていた。

 イベントでは、主人公のオーズ/火野映司を演じた渡部秀さんら出演者が当時の撮影を振り返った。高田さんが「怪力で、いろんな重たいものを持つじゃないですか。でも、実際の撮影のものは発泡スチロールでできていたりする……」と話すと、渡部さんから「それ言っちゃうの(笑い)!? みなさんもきっと本物を持ち上げているとは思っていないでしょうけど……」と突っ込まれる一幕もあった。

 司会者からの質問で「自身にとって『オーズ』はどんな作品ですか?」と聞かれた高田さんは、「私の芸能人生における核となる存在。どんな現場、どんな地方に行っても『オーズ見ていたよ』『比奈ちゃん』と言われるので……。それだけの作品に出演していたんだというありがたみを年々、年を重ねるにつれて感じますね」としみじみ語っていた。

 この日のイベントには怪人・アンクを演じた三浦涼介さん、バース/後藤慎太郎を演じた君嶋麻耶さんも登壇した。

写真を見る全 9 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る