ルパン三世 PART6:テレビアニメ第2クールが2022年1月スタート キーワードは「女」 村越繁がシリーズ構成

「ルパン三世 PART6」の第2クールのキービジュアル 原作:モンキー・パンチ(C)TMS・NTV
1 / 1
「ルパン三世 PART6」の第2クールのキービジュアル 原作:モンキー・パンチ(C)TMS・NTV

 人気アニメ「ルパン三世」の新作テレビアニメ「ルパン三世 PART6」の第2クールが、2022年1月から日本テレビ系で放送されることが分かった。第2クールのキーワードは「女」で、ルパン三世の背後に物語の鍵を握る女たちが描かれた新たなキービジュアルも公開された。「ゾンビランドサガ」などの村越繁さんがシリーズ構成を務める。

 第2クールは、ルパン三世の前に魔性の女たちが次々と現れ、先の読めないサスペンスが展開する。女たちが抱える秘密とうそは、ルパン三世のとある謎へつながっていくという。

 「ルパン三世 PART6」のオリジナルサウンドトラック「LUPIN THE THIRD PART6~WOMAN」が2022年1月26日に発売されることも発表された。「PART6」のメインテーマ「THEME FROM LUPIN III 2021」の「Yuji Ohno & Lupintic Six」によるスタジオセッション映像が、音楽を担当する大野雄二さんの公式YouTubeチャンネルで11月12日午後8時に公開される。

 新作「PART6」は、ルパン三世をひもとく二つのキーワードがあり、第1クールのキーワードは「ミステリー」。メインエピソードとなる「ルパンVSホームズ」はロンドンが舞台で、英国政府を陰で操る謎の組織・レイブンが隠したお宝と、その手がかりとなる一枚の絵を狙うルパン三世の前に、探偵シャーロック・ホームズが現れる。ゲスト脚本家の押井守さん、辻真先さん、芦辺拓さん、樋口明雄さん、湊かなえさんによるオムニバスエピソードも描かれる。第1クールは、日本テレビ系で放送中。

 「ルパン三世」は、故・モンキー・パンチさんの人気マンガが原作。テレビアニメの「PART1」が1971~72年、「PART2」が1977~80年、「PART3」が1984~85年、「PART4」が2015~16年、「PART5」が2018年に放送された。「ルパン三世」シリーズの約23年ぶりとなる劇場版で、シリーズ初の3DCGアニメ「ルパン三世 THE FIRST」が、2019年に公開された。

 ◇「ルパン三世 PART6」第2クールのスタッフ(敬称略)

 監督:菅沼栄治▽シリーズ構成:村越繁▽キャラクターデザイン:丸藤広貴▽美術監督:柏村明香、佐藤勝、松宮由美、小倉宏昌、西澤航、Tram Anh Nguyen▽色彩設計:宮脇裕美▽撮影監督:佐々木明美▽編集:吉武将人▽音響監督:清水洋史▽音響効果:倉橋裕宗▽音楽:大野雄二▽制作:トムス・エンタテインメント

 ◇「ルパン三世 PART6」第2クールのキャスト(敬称略)

 ルパン三世:栗田貫一▽次元大介:大塚明夫▽石川五ェ門:浪川大輔▽峰不二子:沢城みゆき▽銭形警部:山寺宏一

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る