津田健次郎:自分の声は「アウトロー」? 「今週も頑張っちゃう?」生披露で大照れも

「Netflix Festival Japan 2021」に登場した津田健次郎さん
1 / 6
「Netflix Festival Japan 2021」に登場した津田健次郎さん

 Netflixのラインアップ発表イベント「Netflix Festival Japan 2021」が11月9日、東京都内で開催され、声優の津田健次郎さんが登場した。イベントでは「ツダケンタイム」と題して、津田さんをフィーチャーし、出演作品をまとめた「ツダケンPV」も披露された。津田さんは、アニメ「極主夫道」で元“最凶”の極道の龍(たつ)、「スーパー・クルックス」でヴィランを集めて裏社会のボスに挑むジョニー・ボルトとアウトローなキャラクターを演じており、「やっぱりアウトローな声なんですかね」と笑顔を見せた。

 ツダケンタイムでは、「極主夫道」や「DEVILMAN crybaby」など津田さんが出演したアニメが紹介された。印象深い作品を聞かれると、津田さんは湯浅政明さんが監督を務めた「DEVILMAN crybaby」を挙げ、同作で演じた長崎について「とてもインパクトがある、変態ぽいキャラクターを演じさせていただきました。湯浅監督は本当にすてきな作品を作る方なので、めちゃくちゃとがった作品である『DEVILMAN crybaby』に呼んでいただいて、本当にしびれましたね。最高でした」と話した。

 津田さんが出演作のせりふを生披露するコーナーもあり、イベントを盛り上げた。終盤では、津田さんがツイッターで毎週月曜日にツイートしているという「今週も頑張っちゃう?」というメッセージに自身で声を当てる場面も。優しげな声で「今週も頑張っちゃう?」と呼びかけた津田さんは、「すっごい恥ずかしいですね」と大照れしていた。

写真を見る全 6 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る