ムント:BD特典ウェブラジオ公開 相沢舞、内田彩、白石稔が寸劇 小野大輔登場の上映会も

「ムント」シリーズの一場面(C)京都アニメーション. All Rights Reserved.
1 / 14
「ムント」シリーズの一場面(C)京都アニメーション. All Rights Reserved.

 京都アニメーション(京アニ)の完全オリジナルアニメ「ムント」シリーズのブルーレイディスク(BD)ボックス(12月22日発売)の特典となる声優陣によるウェブラジオセレクションの一部が、ダイジェスト版としてYouTubeで公開された。日高ユメミ役の相沢舞さん、日高チカラ役の内田彩さん、グリドリ役の白石稔さんがそれぞれ役になりきる寸劇から始まり、にぎやかなトークを繰り広げている。

 BDボックス発売を記念し、上映会「舞台挨拶付きイッキ見上映会」が、2022年1月23日に新宿ピカデリー(東京都新宿区)で実施されることも発表された。ユメミ役の相沢さん、ムント役の小野大輔さん、音響監督の鶴岡陽太さんが登場する。グリドリ役の白石さんがMCを務める。

 特設サイトでは、小野さんのインタビューが公開され、木上益治監督が手がけた「ムント」シリーズに参加した感想を「京アニの絵、木上監督の絵からは、絵の時点ですでに生命を感じられるんです」と話している。ファンに向けて「たくさんの京都アニメーションの作品がある中で、『ムント』シリーズはそれらの源流の一つだと思います」と話し、「ぜひこの作品から京都アニメーションのアニメ制作にかける想(おも)いや未来につながるメッセージを感じていただければ」とメッセージを送った。

 BDボックスは、テレビアニメ「空を見上げる少女の瞳に映る世界」(全9話)、劇場版「天上人とアクト人 最後の戦い」、声優陣によるウェブラジオセレクションなどを収録した3枚組み。価格は3万800円。

 「ムント」シリーズは、京都アニメーションが手がけた完全オリジナルアニメ。主人公・日高ユメミと異界の王・ムントが出会い、世界の崩壊に立ち向かう姿が描かれた。2003年にシリーズ第1章となるOVA(オリジナル・ビデオ・アニメ)「MUNTO」、2005年に第2章「MUNTO ~時の壁を越えて~」が発売された。2009年にテレビシリーズ「空を見上げる少女の瞳に映る世界」が放送され、同年、劇場版「天上人とアクト人 最後の戦い」が公開された。声優の相沢さんがユメミ、小野さんがムントを演じた。

写真を見る全 14 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る