駒木根葵汰:ゼンカイジャー“介人” 「うれし恥ずかし」初カレンダーは「150点」 2022年も「新たな夢かなうように」

2022年版カレンダーの発売イベントを開催した駒木根葵汰さん
1 / 4
2022年版カレンダーの発売イベントを開催した駒木根葵汰さん

 スーパー戦隊シリーズ「機界戦隊ゼンカイジャー」(テレビ朝日系、日曜午前9時半)でゼンカイザー/五色田介人を演じ、話題の駒木根葵汰さんが11月23日、SHIBUYA TSUTAYA(東京都渋谷区)で2022年版カレンダー(ハゴロモ)の発売イベントを開催した。24日、自身のインスタグラムを更新し、「初めてのカレンダーを制作することになり、うれしい反面、2022年1年間ずっと自分の写真を見るのかなと思うとちょっと恥ずかしいかなと思う気持ちが大きいです。8月の真夏に1日で撮影したのですが、とても満足できるものになりました。点数でいうと150点。イベントも久しぶりに実施できて感謝しかありません」と感想をつづった。

 カレンダーは、全体的に戦隊ヒーローを意識したカラーで構成され、「ゼンカイジャー」の五色田介人とは違ったファッショナブルな一面も打ち出している。

 お気に入りは11、12月のカット。メガネ姿で、青いバラを持ったスタイリッシュな写真となっている。駒木根さんは「青のバラは昔はなかった色。その当時の花ことばは不可能、存在しないでした。2002年人工的に作られたことで現在の花ことばが、夢がかなう、になったそうなんです。2021年は『ゼンカイジャー』が決まったことで僕の夢がかないました。2022年も新たな夢がかなうように頑張っていきたいと思っています」と気持ちを新たにしていた。

写真を見る全 4 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る