龍真咲:日本とモナコを行き来の生活、来年2月にコンサート 

コンサート「はるかそよかの音楽に恋して meets 龍真咲」の取材に参加した龍真咲さん=カンテレ提供
1 / 9
コンサート「はるかそよかの音楽に恋して meets 龍真咲」の取材に参加した龍真咲さん=カンテレ提供

 元宝塚歌劇団月組トップスターの龍真咲さんが11月25日、大阪市内で開催された、2022年2月開催のコンサート「はるかそよかの音楽に恋して meets 龍真咲」のPRイベントに登場。龍さんは現在、日本とモナコに約半年ずつ住む生活を送っているといい、「タイミングも見つつですが、ファンの方も待ってくださっていますし、なにより私自身もみなさんにお会いしたいなと思っています。宝塚のトップスターのような究極のスターという形ではなく、ファンの方にもっと近寄ったイベントやコミュニケーションはやっていきたいと思います」と意気込んでいた。

 おととし5月に事務所を退社した龍さんは「たしかに空白期間はありましたが、実は少しずつ小さなイベントでは歌っていて、ニッポン放送でのラジオも約4年間続けています。事務所を退社したことと、ウィキペディアに『活動休止中』と書かれているので(笑い)、そのように捉えられていたのかもしれません」と語っていた。
 
 今回のコンサートでは、クラシック演奏家の林はるかさん、林そよかさん姉妹と共演する。龍さんは「今年9月の箕面市のホールでお二人のコンサートを鑑賞し、『歌いたいな』という気持ちが沸々とわいてきた」ことがきっかけで、共演が実現。「この巡り合わせには感謝しかありません」と話す。

 林姉妹は龍さんの言葉に感激の表情を見せ、姉のはるかさんは「いまだに信じられない気持ちと、少しずつ実感が沸いてきて、とてもうれしい今日この頃です」とにっこり。宝塚歌劇団のファンだという妹のそよかさんは「2カ月がたって、(龍さんが)横に座ってご一緒することになるなんて……。宝塚が好きで今日まで生きてきたので、本当に光栄です」と熱い思いを語っていた。

 「はるかそよかの音楽に恋して meets 龍真咲」は、2022年2月19日に「サンケイホールブリーゼ」(大阪市北区)で開催。チケットは12月18日発売で、全席指定5000円。

写真を見る全 9 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る