間瀬遥花:新“東レキャンギャル”、特技はエレクトーン 最終選考ではLiSAの「紅蓮華」披露

「2022年東レキャンペーンガール」に起用された間瀬遥花さん
1 / 6
「2022年東レキャンペーンガール」に起用された間瀬遥花さん

 山口智子さん、藤原紀香さん、山岸舞彩さんらを輩出した2022年の東レのキャンペーンガールに、愛知県出身の女優・間瀬遥花(ませ・はるか)さんが選ばれ、11月29日、東京都内で行われた発表会に出席。特技がエレクトーン演奏だという間瀬さんは、「(キャンペーンガールの)最終選考では、LiSAさんの『紅蓮華』を弾いたのですが、ちょっと練習が足りなかったかもしれないです(笑い)」と明かし、「機会があったらまた挑戦したいです」と打ち明けた。

 間瀬さんは、1997年9月29日生まれの24歳。愛知県出身。身長は169センチ。チャームポイントは短い小指。趣味は世界遺産巡りで、世界遺産検定2級を保持。特技は4歳から始めたエレクトーン演奏。性格はポジティブ、直感的。好きな食べ物は、味噌煮込みうどん、チョコレート、コーヒー。

 同キャンペーンガールは、活動の幅を広げる目的で、「東レ水着キャンペーンガール」から2015年から名称変更。同社のキャンペーンガールは過去に山口さん、藤原さん、山岸さんのほか、杉本彩さん、菊川怜さんらも選ばれている。間瀬さんは、同キャンペーンガールとして、2021年12月1日~2022年11月30日までの1年間、活動を行っていく。

写真を見る全 6 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る