皆川純子:「ARIA」は「人生のバイブルであり宝箱」

「ARIA The BENEDIZIONE」の公開初日舞台あいさつに登場した(左から)佐藤順一総監督、広橋涼さん、中原麻衣さん、皆川純子さん、葉月絵理乃さん、名取孝浩監督
1 / 5
「ARIA The BENEDIZIONE」の公開初日舞台あいさつに登場した(左から)佐藤順一総監督、広橋涼さん、中原麻衣さん、皆川純子さん、葉月絵理乃さん、名取孝浩監督

 天野こずえさんのマンガが原作のアニメ「ARIA」の新作「ARIA The BENEDIZIONE」(12月3日公開)の公開初日舞台あいさつが、丸の内ピカデリー(東京都千代田区)で開催され、姫屋の晃・E・フェラーリ役の皆川純子さんら声優陣が登場した。新作は“蒼のカーテンコール”の最終章で、皆川さんは2005年にテレビアニメ第1期の放送がスタートしてから約16年間、晃を演じてきた。「自身にとって『ARIA』とは?」と聞かれ、「人生のバイブルであり、宝箱。これからもずっとそうだと思うので、大切にしていきたい作品です。『作品』と言うのも違う気がするような、なにか大きな存在ですね。だから、アフレコができるのは本当に幸せなんです」と思いを語った。

 皆川さんは、「『ARIA』が私の心の中の宝箱というか。日々暮らしていく中で楽しいことばかりじゃないですよね。つらいこと、苦しいこと、自分が嫌になってしまうことがあった時に、ふと『ARIA』のことを思い出すんです。晃として発したせりふや、アリス、灯里のすてきなせりふがよみがえって、励ましてくれたり、癒やしてくれたりする」と話した。新作は「最終章」と銘打たれているが、「最終章じゃない。そこを訂正しておかないと。誰も最終章だとは思っていないです」といい、「これは通過点だと思いますので、これからも『ARIA』の世界をお届けできる日がまたやってくると信じております」と語った。

 イベントには、あずさ・B・マクラーレン役の中原麻衣さん、水無灯里役の葉月絵理乃さん、アリス・キャロル役の広橋涼さん、佐藤順一総監督、名取孝浩監督が登場した。藍華・S・グランチェスタ役の斎藤千和さんが、ビデオメッセージを寄せた。

 「ARIA」はマンガ誌「月刊コミックブレイド」(マッグガーデン、現在は休刊)で2002~08年に連載されたマンガが原作。水の都・ベネチアがモチーフの街を舞台に、ARIAカンパニーで一人前の水先案内人を目指す主人公・水無灯里の修業の日々、友人や先輩との交流などを描いている。テレビアニメ第1期が2005年、第2期が2006年、第3期が2008年に放送されたほか、OVA(オリジナル・ビデオ・アニメ)も制作された。

 新作アニメ「ARIA The BENEDIZIONE」は、2015年に劇場公開された「ARIA The AVVENIRE」、今年3月公開の「ARIA The CREPUSCOLO」に続く“蒼のカーテンコール最終章”で、姫屋を中心とした物語が描かれる。「ARIA」シリーズを手がけてきた佐藤さんが総監督を務める。

写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る