魔法使いの夜:TYPE-MOONのゲームが劇場版アニメ化 ufotable制作

「魔法使いの夜」のビジュアル(C)奈須きのこ・TYPE-MOON / アニプレックス・ノーツ・ufotable
1 / 2
「魔法使いの夜」のビジュアル(C)奈須きのこ・TYPE-MOON / アニプレックス・ノーツ・ufotable

 「Fate」シリーズなどで知られるゲームブランド「TYPE-MOON」のビジュアルノベルゲーム「魔法使いの夜」がアニメ化され、劇場版アニメとして公開されることが分かった。「Fate/stay night[Heaven’s Feel]」「鬼滅の刃」などのufotableが制作する。

 「魔法使いの夜」は、2012年4月12日に発売されたゲーム。「空の境界」「Fate」シリーズなどの奈須きのこさんがシナリオを手がけ、こやまひろかずさんがグラフィックを担当した。奈須さんが「月姫」発売前に執筆した未発表小説が源流にあり、1980年後半を舞台に、田舎から都会に出てきた高校生の静希草十郎(しずき・そうじゅうろう)が、見習い魔法使いの蒼崎青子(あおざき・あおこ)、イギリス出身の魔女・久遠寺有珠(くおんじ・ありす)と出会い、3人が古びた洋館で共同生活を営むことになる……というストーリー。

 アニメの詳細は今後、発表される。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る