笠松将:“渋沢栄一の孫”の次は「岸辺露伴」橋本陽馬役 期待の個性派が「人生初の食事制限」で挑む!

ドラマ「岸辺露伴は動かない」で橋本陽馬を演じる笠松将さん (C)NHK
1 / 1
ドラマ「岸辺露伴は動かない」で橋本陽馬を演じる笠松将さん (C)NHK

 俳優の笠松将さんが、荒木飛呂彦さんの同名マンガが原作のNHKドラマ「岸辺露伴は動かない」(総合)第4話「ザ・ラン」(12月27日放送)にゲスト出演する。同局の大河ドラマ「青天を衝(つ)け」で、主人公・渋沢栄一(吉沢亮さん)の孫・敬三を演じた笠松さんは、走る体をデザインするためスポーツジムに通う駆け出しのモデル・橋本陽馬役に挑む。

 ドラマは、荒木さんの人気マンガ「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの人気キャラクター、岸辺露伴を主人公とした「岸辺露伴は動かない」を、高橋一生さん主演で実写化。人を本にして“読む”能力を持つマンガ家・岸辺露伴が遭遇する奇怪な事件や不可思議な現象に、女性編集者・泉京香と立ち向かうサスペンス・ホラーだ。

 笠松さんは1992年11月4日生まれ、愛知県出身の29歳。2013年公開の映画「生贄のジレンマ」を皮切りに数々の作品に出演。いわゆる爬虫(はちゅう)類系に分類されるルックスと、一筋縄ではいかないような独特の雰囲気をまとい、出演シーンの多少にかかわらず見る者の心に必ず爪痕を残す、期待の個性派だ。

 笠松さんは「原作愛のあふれる素晴らしい環境でお仕事ができて光栄でした。人生初の食事制限をして、一生懸命頑張りました。僕は何度も折れそうになりましたが、橋本陽馬だったから超えることができたと思います。視聴者の皆様、お手柔らかにお願いします」とコメントしている。

 「岸辺露伴は動かない」は、NHK総合で12月27日午後10時に第4話「ザ・ラン」、28日午後10時に第5話「背中の正面」、29日午後10時に第6話「六壁坂」が放送される。また、BS4Kでは30日午後7時30分から4~6話を一挙放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る