花江夏樹:「鬼滅の刃」遊郭編 煉獄さんから受け継ぐ「心を燃やせ」 “堕姫”沢城みゆきに「ゾクッと」

「テレビアニメ『鬼滅の刃』遊郭編」の竈門炭治郎役の花江夏樹さん
1 / 2
「テレビアニメ『鬼滅の刃』遊郭編」の竈門炭治郎役の花江夏樹さん

 吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんの人気マンガが原作のテレビアニメ「鬼滅の刃」の新作「テレビアニメ『鬼滅の刃』遊郭編」。2021年12月にフジテレビ系で放送がスタートし、遊郭の美しい映像、主人公・竈門炭治郎(かまど・たんじろう)役の花江夏樹さん、鬼殺隊の音柱・宇髄天元(うずい・てんげん)役の小西克幸さんら声優陣の熱い演技が話題となっている。「遊郭編」は、日本の映画史上初めて累計興行収入が400億円を突破した「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(外崎春雄監督)のその後の物語で、炭治郎たちが上弦の陸(ろく)の鬼、堕姫(だき)と戦う。花江さんは「遊郭編」について、「無限列車編」で活躍した炎柱・煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)から「受け取ったものを引き継いで炭治郎たちが戦う」と感じているといい、「胸が熱くなることもありました」と話す。「遊郭編」への思い、アフレコの様子について聞いた。

 ◇初期から気持ちは変わらず 「作品をいいものにしたい」

 「鬼滅の刃」は、家族を鬼に殺された竈門炭治郎が、鬼に変異した妹・禰豆子(ねずこ)を人間に戻すために旅立つ……というストーリー。原作は、2016~20年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、「テレビアニメ『鬼滅の刃』竈門炭治郎 立志編」が2019年4~9月に放送。2020年10月に「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が公開された。「遊郭編」は、「無限列車編」に続く物語で、炭治郎たちが宇髄天元と共に鬼が棲(す)む遊郭に潜入することになる。フジテレビ系で毎週日曜午後11時15分に放送。

 「鬼滅の刃」は、いまや老若男女に愛される大人気アニメだが、花江さん自身は「気持ちはアニメ放送初期の頃から変わらない」と話す。

 「作品をいいものにしたい、より多くの方に楽しんでいただきたいという気持ちがあります。映像のクオリティーが相当すごいので、それに応えなきゃなという気持ちが、僕だけでなくキャストの皆さんにもあると思います」

 「鬼滅の刃」で主人公を演じることへのプレッシャーについて聞くと、「あまりないですね」と話し、「むしろ、最初にアニメ化された時のほうがプレッシャーはありました。今はもう走り出しているので、あとは頑張るだけです」と笑顔を見せる。

 ◇収録は「耳が痛くなる」? 沢城みゆきの演技に「気を抜いたら殺されるんじゃないか」

 「遊郭編」は花江さんにとって「すごく好きなエピソード」といい、活躍する宇髄天元は「一番好きなキャラクター」という。

 「見た目も好きですし、言動も『派手派手だ』と言っているんですけど、そんな宇髄さんは知れば知るほど、自分にできる戦い方、考え方を持って柱として戦っている。そういった面が好きです。宇髄さんを演じる小西さんは、僕が原作を読んでいて想像した通りの声でした。好きなセリフもたくさんあるので、想像していた声でそれを聞けるのが、一ファンとしてもうれしいですね」

 「遊郭編」の序盤は、柱である宇髄と、炭治郎ら鬼殺隊の隊士たちのコミカルなやり取りも描かれる。収録の感想を「みんな声が大きいです(笑い)」と話す。

 「前クールからそうだったんですけど、(嘴平)伊之助も(我妻)善逸も声がでかいし、今回は宇髄さんもそれに対抗するかのように叫んでいるので、そのやり取りに耳が痛くなりながらも、楽しいなと思いました」

 そんな炭治郎たちが、これまで死闘を繰り広げてきた鬼よりもさらに強い、上弦の陸の鬼、堕姫に立ち向かうことになる。花江さんは、堕姫を演じる声優の沢城みゆきさんとの収録を「怖かった」と表現する。

 「本当に気を抜いたら殺されるんじゃないかというぐらいの圧があって。戦いでは、淡々と静かな感じで、あの堕姫の雰囲気で圧が来るので、すごくゾクッとしました。その圧に負けないようにと。演じる沢城さんは、一つ一つに妥協をしない方だなと思いました。今キャラクターがどういう動きをしているんだとか、どういう状況、感情なのかをすごく突き詰めて研究して演じられているのだなと、一緒に収録して感じました。尊敬する先輩の一人です」

 ◇煉獄さんの「心を燃やせ」 思いを引き継いで戦う

 「遊郭編」では、炭治郎が前作「無限列車編」で共に戦った煉獄から受け取った気持ちをもって戦う。煉獄の「心を燃やせ」という言葉が、炭治郎から放たれる場面もある。

 「『遊郭編』は煉獄さんから受け取ったものを引き継いで戦う。鬼殺隊としてあるべき姿は何なのかと。煉獄さんからもらった言葉を炭治郎が言うシーンもあって、演じていても胸が熱くなりました。炭治郎が『心を燃やせ』と言う場面は、原作を読んでいても泣いてしまったところなので、収録でもすごく頑張りました」

 小西さんが演じる音柱・宇髄からも煉獄のような「安心感がある」と感じているという。

 「本当に頼りがいがあるというか、演じていてもついていきたくなるような気持ちになりました。煉獄さんと宇髄さんは、性格はもちろん全然違うんですけど、似ているなという感覚がありました」

 「遊郭編」について花江さんは、「遊郭の街並み、おいらんの着物、宇髄さんの装飾などもこだわりを持って制作されているところが見どころだと思います。強くなった炭治郎たちがどんな活躍を見せるのか、ぜひ見ていただきたいですね」と見どころを語る。

 「竈門炭治郎 立志編」「無限列車編」とキャスト、スタッフでさまざまな思いが引き継がれ、制作されている「遊郭編」。炭治郎を演じる花江さんの熱い演技に注目したい。

※禰豆子の「禰」は「ネ+爾」が正しい表記となる。
※煉獄の「煉」は「火+東」が正しい表記となる。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画