井本彩花:現役仮面ライダーヒロイン 春から女子大生に“変身” 忙しさは「覚悟の上」!

晴れ着姿でインタビューに応じた井本彩花さん
1 / 5
晴れ着姿でインタビューに応じた井本彩花さん

 特撮ドラマ「仮面ライダーリバイス」(テレビ朝日系、日曜午前9時)で、主人公の妹でヒロインの仮面ライダージャンヌ/五十嵐さくらを演じている井本彩花さんが、晴れ着姿でインタビューに応じた。3月に高校を卒業して、大学に進学するという井本さんは「(芸能活動と)高校生活の両立は大変でした。大学に進学すると、より大変になると思うのですが、それは自分で決めた覚悟の上なので頑張りたいです!」と意気込む。残り少なくなった高校生活などを聞いた。

 井本さんは2003年10月23日生まれ、京都府出身の18歳。2017年の「第15回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリに輝き、同年、米倉涼子さん主演の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)で女優デビューした。2020年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」で織田信長の妹・お市を演じたことも話題となった。

 高校生活も残りわずか。最後の1年は「文化祭、体育祭など行事ごとに参加できて楽しかったです。(友達と)たくさん写真を撮って“アオハル”したなって思います!」と声を弾ませる。

 仮面ライダーの撮影では早朝からの撮影も多く、高校生活との両立は多忙を極め、「大変さを実感しました」としみじみ。「テスト期間でもなかなか授業に出られず、友達には助けられました」と話した。

 11月末の放送回で仮面ライダーに“変身”してからはまだ学校に行けていないといい、「多分、学校に行ったら友達に『変身ポーズして』って言われると思います」と笑う。「友達には今まで『さくらってどうなるの?』『変身するの?』って聞かれても、言えないもどかしさがあったので……」と学校での友人たちの反応が楽しみとほほ笑んだ。

 大学進学が決まったという井本さん。中学時代から考えていたことだったといい、「目標がかなってうれしいです! 大学とお仕事の両立はとても大変だと思いますが、精いっぱい頑張りたいです」と意気込む。続けて、「お仕事の方も『仮面ライダーリバイス』が終わってからも活躍できるように頑張りたいです!」と力を込めた。

写真を見る全 5 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る