クレヨンしんちゃん:30周年特別企画「カスカベのラッパー」でフリースタイルしんちゃん  天崎滉平が伝説のラッパーに

「クレヨンしんちゃん」の特別企画「フリースタイルしんちゃん カスカベのラッパー」(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK
1 / 3
「クレヨンしんちゃん」の特別企画「フリースタイルしんちゃん カスカベのラッパー」(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

 人気アニメ「クレヨンしんちゃん」(テレビ朝日系)の放送開始30周年を記念した特別企画「フリースタイルしんちゃん カスカベのラッパー」が、1月8日から3週にわたって放送される。1980年代のニューヨークのような荒廃した街・カスカベシティを舞台に、子供たちがヒップホップチームを組み、フリースタイルラップによって弱肉強食の覇権争いを繰り広げる……というストーリー。1月22日の放送では、デスメタル風のメークの伝説のラッパー・ロンパオが登場し、天崎滉平さんがロンパオの声優を務める。

 「フリースタイルしんちゃん カスカベのラッパー」は、チーム「未来を担うカスカベシティの新風」のリーダー・風間くんが、強豪チーム「チーターズ」から追われている最中に、ひまわりを捜すしんのすけと遭遇することになる。ナゾのDJのぶりぶりざえもんがあおる中、風間くんとチーターズのリーダーとのラップバトルが始まり、しんのすけがお尻をブリブリしながら割り込む。しんのすけは「オラの名前はノ・ハ・ラ、お尻から出るのはオ・ナ・ラ!」とラップを繰り出す。1月15日の放送では、カスカベシティで一番の巨大チーム「ボスラビッツ」が登場する。

 ロンパオ役の天崎さんは「ロンパオ役のお話をいただいた際、最初は“かすかべ防衛隊”のみんなとラップバトルをするの!?と衝撃を受けました(笑い)。アフレコの時は、ラップの収録は別室だったのですが、ヘッドホン越しに皆さんのラップを聴きながら一緒に録(と)れたので、臨場感タップリのいいバトルになったと思います!」とコメント。

 「30周年という素晴らしい節目で作品に参加させていただき、本当に光栄でした。家族や親戚もこのことを知ったらすごく驚くし、すごく喜ぶと思います! ロンパオはとっても魅力的ですてきなキャラクターなので……今後も出番があるといいなぁ(笑い)!」と出演を喜んでいる。

 シリーズディレクターの三浦陽さんは「今回は80年代のニューヨークをモデルにしたパラレルワールドのカスカベシティが舞台となります。大人がいない、子供たちだけの廃退した近未来的な世界です。しんちゃんの世界観は他作品と比べるとおおらかなので、その境界線を少し押し広げつつも違和感なくフィットするだろうと考えました。そんな中で子供たちは社会を構成したり、対立を治めたりするのにラップバトルを繰り広げ、親ではなくストリートのルールに従って元気にたくましく生きています。いつもよりちょっとイカしてる、いつもよりちょっとイキってる、でも、いつもと同じでちょっとおバカなしんのすけたちを『今回はいつもと違うなー』と思いながら、少しドキドキしつつも見ていただけたら幸いです」と話している。

 「クレヨンしんちゃん」は、テレビ朝日系で毎週土曜午後4時半に放送。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事