注目の新成人:女優は「清原果耶世代」 森七菜に高橋ひかる、平手友梨奈 共通点は多才さ?

注目の新成人(左から)森七菜さん、清原果耶さん、高橋ひかるさん
1 / 1
注目の新成人(左から)森七菜さん、清原果耶さん、高橋ひかるさん

 昨年、NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」のヒロインを弱冠19歳で演じきった清原果耶さん。10代前半のころから、女優として将来を嘱望され、期待通りの成長を見せてきた。そんな清原さんも、今月末には誕生日を迎え、ついに二十歳に。ここでは、清原さんと同学年(2001年度生まれ)の新成人の中から、注目女優をピックアップ。歌手としての顔を持つ森七菜さん、モデルやバラエティーでも活躍する高橋ひかるさん、「欅坂46」時代からカリスマ的な人気を誇ってきた平手友梨奈さんといった、どこか多才なイメージもある新成人女優を紹介する。

 ◇声優、歌手、ナレーション… 声の仕事も目立つ森七菜

 1月期の連続ドラマ「逃亡医F」(日本テレビ系、土曜午後10時放送)に出演することが決まっている森さんは、2001年8月31日生まれ、大分県出身。2019年の連続ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)で注目され、新海誠監督の劇場版アニメ「天気の子」では、ヒロイン陽菜の声優を務めたほか、2020年度前期の朝ドラ「エール」では、二階堂ふみさん扮(ふん)するヒロイン(主人公の妻)の妹、“梅ちゃん”として脚光を浴びた。

 女優として活躍する傍ら、2020年1月公開の岩井俊二監督の映画「ラストレター」の主題歌「カエルノウタ」で歌手デビュー。以降もリリースを重ね、同年8~9月に放送された眞島秀和さん主演のドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。」(読売テレビ・日本テレビ系)ではナレーションを担当するなど、声の仕事も目立つ。

 1月15日にスタートする「逃亡医F」は、森さんにとって主演を務めた2020年10月期の「この恋あたためますか(恋あた)」(TBS系)以来の連ドラレギュラー。主人公の藤木圭介(成田凌さん)が潜伏する海洋観測船「第一海風丸」 に乗る駆け出しの海洋観測士、沢井美香子を演じる。

 ◇時にキツめの関西弁で毒を吐く“国民的美少女”高橋ひかる

 今年3月から放送・配信がスタートするWOWOWの連続ドラマ「WOWOWオリジナルドラマ 青野くんに触りたいから死にたい」でヒロインを演じることが決まっている高橋さんは、2001年9月22日生まれ、滋賀県出身。2014年開催の「全日本国民的美少女コンテスト」で8万1031人の応募者の中からグランプリに選ばれると、2016年公開の映画「人生の約束」で女優デビューし、翌2017年には、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」でドラマ初出演を果たした。

 女優として作品を重ねつつ、女性ファッション誌「Ray(レイ)」(DONUTS)の専属モデルも務めてきた高橋さんだが、近年はバラエティー番組での躍進も目立っている。時にキツめの関西弁で毒を吐くなど、たたみかけるような早口トークも特徴的で、ラジオやYouTubeでも活躍。「国民的美少女」に選ばれるほどの透明感のあるルックスとのギャップが大いに受けているようだ。

 女優業に目を向ければ、昨年は連続ドラマ「春の呪い」(テレビ東京)に主演。今年は「青野くんに触りたいから死にたい」のほか、ヒロイン・トト子を演じる実写映画「映画『おそ松さん』」の公開(3月25日)などが控えている。

 ◇アーティストとしても注目度は依然、高い平手友梨奈

 昨年末放送のNHKドラマ「風の向こうへ駆け抜けろ」に主演し、女性騎手役に挑戦した平手さんは、2001年6月25日生まれ、愛知県出身。2015年8月、欅坂46の1期生オーディションに合格し、同グループのCDデビュー以降はセンターポジションを務め、2020年1月まで中心メンバーとして活動した。

 グループ在籍時の2018年には、柳本光晴さんの人気マンガを実写化した「響 -HIBIKI-」で映画初出演&初主演。デビュー小説で芥川賞と直木賞を同時受賞した天才女子高生作家・鮎喰響(あくい・ひびき)を演じ、翌年の「日本アカデミー賞」で新人賞に選ばれた。

 2021年は「さんかく窓の外側は夜」「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」の2作品の出演映画が公開され、4月期の連続ドラマ「日曜劇場『ドラゴン桜』」(TBS系)で演じた「東大専科」の生徒・岩崎楓役も話題に。その一方で、2020年12月にファーストデジタルシングル「ダンスの理由」をリリースし、ソロデビューを果たした平手さん。音楽番組に出演すればSNSを席巻と、アーティストとしても注目度は依然、高いと言えるだろう。

 ◇清原果耶も多才ぶりという意味でも負けてはいない

 最後に女優として同年代をけん引してきた清原さんだが、多才ぶりという意味でも負けてはいない。「nicola(ニコラ)」(新潮社)、「Seventeen(セブンティーン)」(集英社)といったティーンに人気のファッション誌の専属モデルを歴任し、映画「デイアンドナイト」(2019年)や「宇宙でいちばんあかるい屋根」(2020年)では主題歌を担当し、歌声を披露。劇場アニメの声優やドキュメンタリーのナレーションも務め、「高校サッカー選手権大会」の応援マネジャーとしてダンスを披露した。

 “本業”では主演ドラマ「ファイトソング」(TBS系、火曜午後10時)が1月11日にスタートする。またヒロインを演じた昨年公開の映画「護(まも)られなかった者たちへ」で、受賞ラッシュも期待され、今後の動向に引き続き注目だ。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る