嘘喰い:佐野勇斗&白石麻衣W主演のオリジナルドラマ配信 鞍馬蘭子の知られざる過去、梶隆臣のバックボーン

dTVオリジナルドラマ「嘘喰い ‐鞍馬蘭子篇/梶隆臣篇‐」のポスタービジュアル(C)迫稔雄/集英社 (C)2022映画「嘘喰い」製作委員会 (C)エイベックス通信放送
1 / 10
dTVオリジナルドラマ「嘘喰い ‐鞍馬蘭子篇/梶隆臣篇‐」のポスタービジュアル(C)迫稔雄/集英社 (C)2022映画「嘘喰い」製作委員会 (C)エイベックス通信放送

 俳優の佐野勇斗さんと女優の白石麻衣さんダブル主演のドラマ「嘘喰い ‐鞍馬蘭子篇(へん)/梶隆臣篇‐」が「dTVオリジナルドラマ」として、映像配信サービス「dTV」で2月11日から独占配信されることが分かった。横浜流星さん主演の映画「嘘喰い(うそぐい)」(中田秀夫監督、2月11日公開)に登場する鞍馬蘭子(くらま・らんこ、白石さん)と梶隆臣(かじ・たかおみ、佐野さん)に焦点を当てたオリジナルストーリーが展開。全4話で、2月11日から毎週1話ずつ配信される。第1、2話が「鞍馬蘭子篇」、第3、4話が「梶隆臣篇」となる。

 映画「嘘喰い」は、2006~17年に「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載された迫稔雄さんの人気マンガが原作。通称「嘘喰い」と呼ばれる正体不明の天才ギャンブラー・斑目貘(まだらめ・ばく、横浜さん)が、日本の闇社会を牛耳る会員制の闇倶楽部(くらぶ)「賭郎(かけろう)」の頂点を目指し、巨額の金と命を懸けたギャンブル、ゲームに興じる姿を描く。

 「鞍馬蘭子篇」は、闇カジノを仕切る暴力団鞍馬組組長の蘭子が、大切な親友のために、過去の敵と再び対峙(たいじ)する物語。蘭子の知られざる過去が描かれるほか、女組長としての“ドS”全開シーンもあるという。

 「梶隆臣篇」は、映画で貘の相棒として行動を共にする梶がギャンブラーとして成長していくきっかけのゲーム「セブンポーカー」に挑む姿や、過去に自らを捨てたクズな母親と対峙したり、幼なじみとの淡いロマンスなど、映画では描かれない梶のバックボーンを描く。

 白石さんは「映画では描かれていない、鞍馬組の強く真っすぐな思いは見ている方を温かく、そしてドキドキさせてくれる迫力のあるお話になっています」と紹介。「アクションだったり、“ブラックジャック”のところはぜひ注目して見ていただけるとうれしいです」とアピールした。

 佐野さんは「このドラマで注目していただきたいのは、貘さんに頼らず、1人でケジメをつけるかっこいい梶隆臣です! ヘアスタイルなど細かいところも相談しながら作らせていただいたので、そこも注目していただけるとうれしいです!」と視聴者に呼びかけた。

 「dTV」の公式YouTubeチャンネルで、予告映像も公開された。蘭子と梶が「負ければ死」のギャンブルに挑む姿などを収めている。

写真を見る全 10 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る