注目ドラマ紹介:「ファイトソング」 清原果耶が民放ドラマ初主演 間宮祥太朗&菊池風磨と三角関係に

連続ドラマ「ファイトソング」第1話の場面写真(C)TBS
1 / 5
連続ドラマ「ファイトソング」第1話の場面写真(C)TBS

 女優の清原果耶さん主演の連続ドラマ「ファイトソング」(TBS系、火曜午後10時)が1月11日に始まる。初回は15分拡大。清原さんは民放ドラマ初主演だ。朝ドラ「ひよっこ」などを手がけた岡田惠和さん脚本のオリジナル作品。空手日本代表の夢に破れたヒロイン、落ちぶれた一発屋の変人ミュージシャン、ヒロインをいちずに思い続ける幼なじみ、の不器用な3人が繰り広げるヒューマンラブコメディーだ。

 児童養護施設「あさひ学園」で育ち、秘密を抱えるヒロイン・木皿花枝を清原さん、花枝がひょんなことから出会うミュージシャン・芦田春樹を間宮祥太朗さん、チャラいが花枝をいちずに思い続ける、同じ施設育ちの夏川慎吾を人気グループ「Sexy Zone」の菊池風磨さんが演じ、恋の三角関係となる。

 「あさひ学園」の施設長・磯部直美を稲森いずみさん、花枝と慎吾の幼なじみ・萩原凛を藤原さくらさん、芦田のマネジャー・伊達弓子を栗山千明さんが演じる。

 第1話は……空手の日本代表を目指していたが突然その夢を絶たれた花枝は、全てを失って人生どん底。無気力な毎日を送っていたが、幼なじみの慎吾が経営するハウスクリーニングでバイトとして働くことに。

 ある日、花枝は客先として、一曲だけ売れたミュージシャン・芦田の家を訪れる。実は芦田は、事務所から残り2カ月でヒット曲を出さなければクビだと宣告され、窮地に立たされていた。そんな崖っぷちの2人が出会いを果たし……。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事