佐藤寛太:寺島進が明かした“愛のムチ”に「めっちゃうれしい」

「駐在刑事Season3」に出演する佐藤寛太さん (C)テレビ東京
1 / 3
「駐在刑事Season3」に出演する佐藤寛太さん (C)テレビ東京

 「劇団EXILE」の佐藤寛太さんが1月11日、テレビ東京系で14日から放送される刑事ドラマの新シーズン「駐在刑事Season3」(金曜午後8時・初回2時間スペシャル)のオンライン会見に出席。佐藤さんは、主演の寺島進さんが演じる駐在所の警察官・江波敦史と協力して事件を捜査する軽部翔平役を務める。会見では、シーズン1の収録で寺島さんが佐藤さんに“愛のムチ”をふるっていたことが明かされ、佐藤さんは「めっちゃうれしい」と感激していた。

 寺島さんは「寛太が変わりました。シーズン1のとき、2人のやりとりがあったんですけど、(台本)2ページをワンカットで行くっていうところで結構噛んでたんですよ。でもそれが3年、4年たってシーズン3になったときにはスラスラ説明していて。若さというか吸収力があるというか、進化してるなと思いました」と佐藤さんの成長を語った。

 佐藤さんが「いろんなプレッシャーと恐れで、噛み噛みの噛みだったのをすごい覚えてます」と振り返ると、寺島さんは「小林(義則)監督に『これワンカットで行きましょうよ』って言って。それは、寛太はこれを経験したら、これを越えれば次に絶対自信になるんで、良い意味で新人を鍛えようっていう小林監督との相談で」と告白。佐藤さんは「いま知りました。本当ですか? めっちゃうれしいです。ありがとうございます」と驚き交じりに喜んだ。

 会見には佐藤さんと寺島さんのほか、北村有起哉さん、市毛良枝さん、藤井美菜さんが出席した。

 ドラマは、笹本稜平さんの小説「駐在刑事」「駐在刑事 尾根を渡る風」(講談社文庫)が原作。緑豊かな奥多摩を舞台に、「人情とユーモアあふれるエピソード」と「謎が謎を呼ぶ殺人事件」が繰り広げられる。これまで6本のスペシャルドラマ、2018年10月期と2020年1月期に連続ドラマが放送された。

 第1話では、ロボットのベンチャー企業社長・本郷俊介(今井翼さん)が詐欺罪で指名手配される。本郷は奥多摩に実家があり、今も母の八重子(かたせ梨乃さん)が1人で暮らしていた。その直後、本郷を告訴した被害者の会代表・安西(中山卓也さん)の遺体が水根渓谷で見つかる。本郷が容疑者と断定されるが、江波には疑問が残り……というストーリー。

写真を見る全 3 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る