早乙女太一:「カムカム」でトランペットに初挑戦 トミーの偉そうな態度「落ち着かなくて」

連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」でトミーを演じている早乙女太一さん (C)NHK
1 / 1
連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」でトミーを演じている早乙女太一さん (C)NHK

 上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さん主演のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)に出演中の早乙女太一さん。深津さんが2代目ヒロインを務める大阪編で、トランペッターの“トミー”を演じているが、トランペットの演奏経験は全くなかったといい、「一から練習しました。むしろ、撮影よりもトランペットの練習に時間を割いてきたといえるほどです。さらに途中で演奏する曲も増えたんですよ。でも、初の特訓のおかげで新曲もかなりなじんできました」と明かしている。

 早乙女さんが演じるトミーは、木暮洋輔(近藤芳正さん)が営むジャズ喫茶を拠点に活動するミュージシャン。追っかけのグルーピーをはべらせ、アイドル的な人気があるキャラクターだ。クリーニング集配に訪れるるいにちょっかいをかけてくる、かっこつけでかなり調子のいい男、という役どころ。

 今作が朝ドラ初出演となる早乙女さんは、「朝ドラに出演できるということはもちろんですが、深津絵里さんやオダギリジョーさんなど、子どもの頃から見ていて、憧れを持っている豪華な出演者の方たちの中に入って(演技)できるということが、本当にうれしいです」と喜んだ。

 役については「最初はトランペッター役と聞いてすごくかっこいいなと思って、この役をやらせてもらったらそれなりに吹けるようになるかなと軽く考えていたんですが、そんなに甘いものじゃなく難しくて。でも、この役のおかげでジャズを楽しんだり、音楽で戦う人たちを知ることができてうれしいです」と語る。

 撮影中は、「僕自身は一番年下なんですが、設定上はみんな同世代ということで、大先輩たちと同世代というのがとても不思議な感覚で、最初はなんだかふわふわして」といい、「トミーは登場人物の中で一番偉そうな態度なので、落ち着かなくて。でも最近はようやくなじんできました。撮影して一番印象に残っているのは、やっぱりジョーとのトランペットのセッションですね。トランペットの練習もずっと別々だったので、このシーンの撮影の時に初めて2人で演奏したので、すごく印象に鮮明に残りました」と話している。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんが祖母の安子、深津さんが母のるい、川栄さんが娘のひなたをそれぞれ演じる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画