川瀬もえ:レースクイーン大賞&新人賞W受賞で話題 美スタイルの秘訣は「滝汗」

自身の誕生日を祝うイベントを開催した川瀬もえさん
1 / 6
自身の誕生日を祝うイベントを開催した川瀬もえさん

 ファン投票でナンバーワンレースクイーンを選ぶ「MediBang日本レースクイーン大賞2021」のグランプリを受賞したタレントの川瀬もえさんが1月22日、28歳の誕生日イベントを東京都内で開いた。川瀬さんは、美しいスタイルの秘訣(ひけつ)を聞かれると「夏のサーキットは滝汗になるので、何もしなくても痩せます」と茶目っ気たっぷりに語った。

 川瀬さんは、1993年12月30日生まれ。2019年にタレント活動をスタート。レースクイーンチーム「Pacific Fairies」のメンバーとして活動するほか、ラウンドガールユニット「K-1 GIRLS」のメンバーも務めている。昨年7月に日本レースクイーン大賞2021の新人部門グランプリも受賞。グランプリ、新人部門グランプリのダブル受賞は、2010年に同賞が始まって以来の初の快挙となった。

 ダブル受賞したことについては「私一人の力ではありません。スタッフやチーム、応援してくれた皆さんのおかげです。皆さんとの絆だと思うので、うれしかったです!」と振り返った。さらに、「ダブル受賞は新しいことなので、新しい風を吹かせられたかなと思います。レースクイーンが注目されるきっかけとなればと思います」と胸を張っていた。一方で、2連覇への意欲を質問されると「狙ってません。ほかにも素晴らしいレースクイーンさんがいらっしゃるので」と、謙遜していた。

 28歳の抱負を聞かれた川瀬さんは「人は年齢によって、その時その時の魅力があると思います。28歳の川瀬もえの魅力を追求できたらと思っています」と回答しつつ、「レースクイーンとしてレース界を盛り上げたり、(グラビアでの)水着を着たお仕事での発信の仕方もいろいろとあると思います。十代じゃないから、できることがあると思う」と目を輝かせていた。

写真を見る全 6 枚

芸能 最新記事