鬼滅の刃:テレビアニメ「遊郭編」第8話「集結」 視聴率7.5% 戦闘シーンも話題

「鬼滅の刃」コミックス第9巻のカバー
1 / 1
「鬼滅の刃」コミックス第9巻のカバー

 吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガが原作のアニメ「鬼滅の刃」の新作「テレビアニメ『鬼滅の刃』遊郭編」の第8話「集結」が、フジテレビ系で1月23日午後11時15分に放送され、平均視聴率(世帯)は7.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。第8話では、鬼殺隊の音柱・宇髄天元(うずい・てんげん)と上弦の陸(ろく)の鬼の妓夫太郎(ぎゅうたろう)の戦闘シーンが描かれ、ツイッターで「戦闘シーン」「宇髄さん」がトレンド入りするなど話題になった。

 「遊郭編」は、日本の映画史上初めて累計興行収入が400億円を突破した劇場版アニメ「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(外崎春雄監督)のその後の物語で、主人公・竈門炭治郎たちが、鬼殺隊の音柱・宇髄天元(うずい・てんげん)と共に鬼が棲(す)む遊郭に潜入する。

 「鬼滅の刃」は、家族を鬼に殺された竈門炭治郎が、鬼に変異した妹・禰豆子(ねずこ)を人間に戻すために旅立つ……というストーリー。原作は、2016~20年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、「テレビアニメ『鬼滅の刃』竈門炭治郎 立志編」が2019年4~9月に放送、2020年10月に「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が公開された。

アニメ 最新記事