カムカムエヴリバディ:るいを心配するベリーに「優しい」の声 「姉御肌」「泣いた」と反響も

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」でベリーを演じる市川実日子さん (C)NHK
1 / 1
NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」でベリーを演じる市川実日子さん (C)NHK

 女優の上白石萌音さん、深津絵里さん、川栄李奈さんが主演するNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)の第58回が1月24日に放送。るい(深津さん)のことを心配し、クリーニング店に足を運んだベリー(市川実日子さん)の優しさに、視聴者から「優しい」といった声が上がった。

 第58回では、るい(深津さん)は、大阪に戻ってきた錠一郎(オダギリジョーさん)の口から信じられないような言葉を聞き、大きなショックを受ける。そんなるいをクリーニング店の平助(村田雄浩さん)と和子(濱田マリさん)夫妻が気遣う。東京から来た社長令嬢の笹川奈々(佐々木希さん)と一緒に歩く錠一郎の姿を見かけたトミー(早乙女太一さん)は、錠一郎を問い詰める。トミーを介して、るいは真実を知る……という展開。

 後日、クリーニング店を訪れたベリーは、洗濯物をお願いしつつ、るいに「サッチモ、元気なん?」と気遣う。ベリーの励ましの言葉に、るいは「私は大丈夫です」と答え、「あきらめへんって決めたから、ジョーさんのこと。ジョーさんと幸せになること」と凜(りん)とした表情で気持ちを伝えた。

 ベリーの優しさに、SNSでは、「人情味あふれる姉御肌(あねごはだ)のベリーちゃん」「ベリーちゃん、いいとこのお嬢さんなんだろうなあ…本当いい子だわ」「ベリーさん優しい」「ベリーちゃんの不器用な気遣い、好きです」「最後のベリーちゃんで泣いた」といった反響が寄せられた。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

テレビ 最新記事