鬼滅の刃:きめつたまごっち第4弾「遊郭編」 猗窩座、堕姫、妓夫太郎 ムキムキねずみも登場

「たまごっち」シリーズと「鬼滅の刃」がコラボした「きめつたまごっち」の第4弾「きめつたまごっち 遊郭編」(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable(C)BANDAI
1 / 7
「たまごっち」シリーズと「鬼滅の刃」がコラボした「きめつたまごっち」の第4弾「きめつたまごっち 遊郭編」(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable(C)BANDAI

 携帯型育成玩具 「たまごっち」(バンダイ)シリーズと人気アニメ「鬼滅の刃」がコラボした「きめつたまごっち」の第4弾「きめつたまごっち 遊郭編」が、6月18日に発売される。2020年10月に第1弾が発売され、全世界で100万個以上を販売した人気シリーズで、アニメ「遊郭編」の内容に合わせた新たなプログラムが追加される。竈門炭治郎の「ヒノカミ神楽」カラー、「水の呼吸」カラー、竈門禰豆子の「爆血」カラーの全3種で、価格は各2530円。

 育成できるキャラクターは9人の柱など全18体。3種類の訓練(ミニゲーム)が一新され、蚯蚓帯(みみずおび)斬り、荷物運び、三味線で隊士たちを鍛錬する。

 一定時間ごとに猗窩座(あかざ)、堕姫(だき)、妓夫太郎(ぎゅうたろう)が登場し、退治せずに放置していると、画面をどんどん占領する。さらに一定の時間が経過すると、ムキムキねずみ、鯉夏花魁(こいなつおいらん)、鬼舞辻無惨(きぶつじ・むざん)、煉獄槇寿郎(れんごく・しんじゅろう)などが登場する。

写真を見る全 7 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る