虫かぶり姫:“なろう”人気ラノベがテレビアニメ化 マッドハウス制作 本好き令嬢のラブファンタジー

テレビアニメ化される「虫かぶり姫」のイラスト
1 / 7
テレビアニメ化される「虫かぶり姫」のイラスト

 小説投稿サイト「小説家になろう」などで人気のライトノベル「虫かぶり姫」が、2022年にテレビアニメ化されることが1月28日、分かった。「甘々と稲妻」などの岩崎太郎さんが監督を務め、「サマーウォーズ」などのマッドハウスが制作する。

 「虫かぶり姫」は、由唯さん作、椎名咲月さんイラストのラブファンタジー。「虫かぶり姫」と呼ばれる本好きな侯爵令嬢・エリアーナと婚約者・クリストファー王太子の恋路を描いている。一迅社からライトノベルが第5巻まで発売されており、最新6巻が2月2日に発売される。シリーズ累計発行部数は200万部以上。マンガ化もされている。

 由唯さんは「祝!『虫かぶり姫』アニメ化! お話を聞いた時には、本当に信じられないくらい驚きました。夢かと思って、体のアチコチをつねりました(笑い)。ひとえに応援してくださった読者の皆様、コミカライズ担当の喜久田(ゆい)先生、イラスト担当の椎名先生のおかげだと思います。アニメで広がっていく『虫かぶり姫』の世界を、皆様も一緒に楽しんでいただけたら、私もとてもうれしいです。どうぞよろしくお願いします」とコメントを寄せている。

 テレビアニメ化を記念して、椎名さん、喜久田さんが描き下ろしたイラストも公開された。

 ◇スタッフ(敬称略)

 原作:由唯▽キャラクター原案:椎名咲月、喜久田ゆい▽監督:岩崎太郎▽シリーズ構成:広田光毅▽キャラクターデザイン:高橋瑞香▽アニメーション制作:マッドハウス

 (C)由唯・一迅社/虫かぶり姫製作委員会(C)由唯/椎名咲月/一迅社(C)喜久田ゆい・由唯・椎名咲月/一迅社

写真を見る全 7 枚

アニメ 最新記事