明日の仮面ライダーリバイス:第20話「非情で無情な、変身の代償」 ヒロミ、再びデモンズドライバーを手に

「仮面ライダーリバイス」の第20話「非情で無情な、変身の代償」の一場面(C)2021 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
1 / 3
「仮面ライダーリバイス」の第20話「非情で無情な、変身の代償」の一場面(C)2021 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

 特撮ドラマ「仮面ライダーリバイス」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の第20話「非情で無情な、変身の代償」が1月30日に放送される。

 「オマエノ……イノチ……クラウ……」。デモンズドライバーの言葉に、「自分は死んでしまうのか?」とがくぜんとするデモンズ/ヒロミ(小松準弥さん)。狩崎(濱尾ノリタカさん)からドライバーの恐ろしい秘密を聞き出したヒロミは、なおも変身して戦い続けるべきか悩み始める。

 そんなヒロミに、リバイ/一輝(前田拳太郎さん)は、「戦いたいなら戦ってください。ヒーローになってください」と意外な言葉を投げかける。それは裏を返せば、命をかけてヒロミを守るということ。一輝の思いを受け止めたヒロミは、決意を新たにする。

 ヒロミは、フェニックスを裏切った、同期の千草(奥山かずささん)を呼び出して、説得を試みる。しかし、オルテカ(関隼汰さん)と共に現れた千草は耳を貸そうとしない。そして、ついにヒロミが再びデモンズドライバーを手にする事態に……。予告では「ヒロミ、最期の戦い」という文字が映し出されている。

 「仮面ライダーリバイス」は、仮面ライダーの生誕50周年記念作品。主人公・五十嵐一輝が大切な家族を守るため、内に宿る悪魔バイス(声・木村昴さん)と契約して仮面ライダーリバイに変身。悪魔バイスが変身する仮面ライダーバイスと共に、“一人で二人”のコンビの仮面ライダーリバイスとして、悪魔崇拝組織デッドマンズと戦う姿を描く。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事