DCU:第4話 “新名”阿部寛、隊長から外され自宅待機 独自捜査へ

俳優の阿部寛さんが主演を務める連続ドラマ「DCU」の第4話のワンシーン(C)TBS
1 / 9
俳優の阿部寛さんが主演を務める連続ドラマ「DCU」の第4話のワンシーン(C)TBS

 俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「DCU」第4話がTBSの「日曜劇場」(日曜午後9時)枠で2月13日に放送される。

 隆子(中村アンさん)の殉職に言葉を失うDCUのメンバーたち。新名(阿部さん)は隊長から外され、自宅待機を命じられた。副隊長の西野(高橋光臣さん)が隊長代理を務めることに。

 他のメンバーは、事件捜査を公安に任せて通常業務に戻るよう指示される。指示に納得できない瀬能(横浜流星さん)の元に、公安の清水(山崎育三郎さん)がやってくる。隆子のパソコン内にあったプライベートデータを持ってきてくれたのだ。データに違和感を覚えた瀬能は、瑠璃(趣里さん)に解析を依頼。結果から、今回の事件は2年前の溺死事故に起因している可能性が浮上する。

 瀬能は、隆子を司法解剖した医師・真鍋宗雄と、事故当時の機材会社の月島秀樹の元を訪問するも、既に自宅待機中の新名が訪れた後だった。独自捜査していた新名は、瀬能に手を組むことを提案し……。

 「DCU」は、TBSが海外の大手制作会社ケシェット・インターナショナル、ファセット4メディアと共同制作するオリジナル作。水中での事件・事故の捜査に特化した架空組織「DCU(Deep Crime Unit)」を描く。阿部さん演じるDCU隊長の新名正義が、横浜流星さん演じる瀬能陽生ら個性豊かなメンバーと水中のさまざまな難事件を解き、裏に潜む悪に立ち向かっていく。

写真を見る全 9 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る