ルパン三世:おかざき真里、咲坂伊緒がルパン描く 女子高生の不二子も 女性クリエーターとコラボ

咲坂伊緒さんが描いた「ルパン三世」のイラスト 原作:モンキー・パンチ (C)TMS・NTV Illustration by 咲坂伊緒
1 / 15
咲坂伊緒さんが描いた「ルパン三世」のイラスト 原作:モンキー・パンチ (C)TMS・NTV Illustration by 咲坂伊緒

 人気アニメ「ルパン三世」がアニメ化50周年を迎えることを記念して、「サプリ」などで知られるマンガ家のおかざき真里さん、「ストロボ・エッジ」などのマンガ家の咲坂伊緒さんら女性クリエーターがルパン三世やその一味を描き下ろしたイラストが2月14日、公開された。日本テレビ系で放送中の新作テレビアニメ「ルパン三世 PART6」の第2クールが「女」をキーワードとしていることから、女性クリエーターと「ルパン三世」がコラボした。

 2月14日のバレンタインデーを記念した企画でもあり、おかざきさん、咲坂さんのほか、「ハニーレモンソーダ」で知られるマンガ家の村田真優さん、「BEASTERS」などのマンガ家の板垣巴留さん、「ひるなかの流星」などのマンガ家のやまもり三香さん、絵本作家の石黒亜矢子さん、イラストレーターの丹地陽子さん、ますだみくさん、山科ティナさんが参加した。おかざきさんは着物姿のルパン、村田さんは女子高生の峰不二子を描くなど、それぞれのクリエーターが「ルパン三世」の魅力を表現した。

 バレンタインデー企画としてツイッターキャンペーンも実施する。「ルパン三世」のアニメ公式ツイッターアカウントをフォローし、告知ツイートをリツイートすると、抽選で50人に花が贈られる。ルパンらメインキャラクターからメッセージが届くキャンペーンも実施。公式ツイッターでバレンタインのチョコレートを渡したいキャラクターの投稿をリツイートすると、選んだキャラクターからリプライでメッセージが届く。期間は2月20日まで。

 「ルパン三世」は、故・モンキー・パンチさんの人気マンガが原作。テレビアニメの「PART1」が1971~72年、「PART2」が1977~80年、「PART3」が1984~85年、「PART4」が2015~16年、「PART5」が2018年に放送された。「ルパン三世」シリーズの約23年ぶりとなる劇場版で、シリーズ初の3DCGアニメ「ルパン三世 THE FIRST」が、2019年に公開された。

 新作「PART6」は、ルパン三世をひもとく二つのキーワードがあり、第1クールは「ミステリー」、第2クールは「女」がキーワードになる。第2クールは、ルパン三世の前に魔性の女たちが次々と現れ、先の読めないサスペンスが展開する。女たちが抱える秘密とうそは、ルパン三世のとある謎へつながっていく。「ゾンビランドサガ」などの村越繁さんがシリーズ構成を務める。

写真を見る全 15 枚

アニメ 最新記事