Snow Man向井康二:「特捜9」新加入 「俺はドラマ班やで!」が現実に 「アドリブもっと頑張らないと」(コメント全文)

4月6日スタートの連続ドラマ「特捜9 season5」に出演する(左から)向井康二さん、井ノ原快彦さん、羽田美智子さん=テレビ朝日提供
1 / 1
4月6日スタートの連続ドラマ「特捜9 season5」に出演する(左から)向井康二さん、井ノ原快彦さん、羽田美智子さん=テレビ朝日提供

 人気グループ「Snow Man」の向井康二さんが、井ノ原快彦さん主演の連続ドラマ「特捜9(ナイン)」(テレビ朝日系、水曜午後9時)の「season5」に出演することが3月3日、明らかになった。「僕はバラエティー番組にはよく出演させていただいているのですが、その際も『俺はドラマ班やで!』なんて、ボケていたんです。しかし本当は、演技やドラマにはもっとチャレンジしたかったので、しかもそれが『特捜9』でかない、うれしかったです」と喜びを語っている。

 「特捜9」は、警視庁捜査1課で検挙率ナンバーワンを誇る9係の刑事たちが、さまざまな事情を抱えながらも事件を解決する刑事ドラマシリーズ「警視庁捜査一課9係」(2006~17年)の後継作。

 向井さんは、浅輪直樹(井ノ原さん)に憧れを抱く新鋭・三ツ矢翔平を演じる。村瀬健吾(津田寛治さん)が副所長となる警視庁内の新部署「捜査支援分析センター(SSBC)」に所属し、特捜班をサポートする。性格は明るく天然で、思ったことをつい口に出してしまうが、なぜか憎めない存在という役どころだ。

 ドラマは4月6日スタート。コメント全文は以下の通り。

 ◇向井康二さん

 最初、この歴史ある「特捜9」に出演させていただくことになったとマネジャーさんから聞かされたときは、正直驚きました。僕はバラエティー番組にはよく出演させていただいているのですが、その際も「俺はドラマ班やで!」なんて、ボケていたんです。しかし本当は、演技やドラマにはもっとチャレンジしたかったので、しかもそれが「特捜9」でかない、うれしかったです。

 事務所の大先輩である井ノ原さんには、優しくしていただいています。そして羽田(美智子)さんはじめ、キャストの皆さんもすごく気を使ってくださり、飛び交うアドリブ芝居にテンパり気味になったときも、すっと輪の中に入れてくださりフォローしていただいています。アドリブへの対応はもっと頑張らないといけないと思っていますし、本当に「この作品は現場で“生”で作られているんだな」と実感しています。

 アドリブ芝居の際に、少し関西のなまりが出てしまうのが玉にキズですが(笑い)、井ノ原さんからは「それを生かして、関西出身なの?っていうやりとりが、ドラマのなかで出てきても面白いかもしれない。実は彼女が関西出身で……とか」とアイデアをいただきました。三ツ矢の彼女が関西出身という設定になれば、ゆくゆくはラブシーンも……!? そちらも楽しみにしています(笑い)。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画