ケイ×ヤク―あぶない相棒―:第8話 “獅郎”犬飼貴丈、“大須”板尾創路から「今夜会いたい」と連絡

「劇団EXILE」の鈴木伸之さん主演の連続ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」第8話のワンシーン=読売テレビ提供
1 / 6
「劇団EXILE」の鈴木伸之さん主演の連続ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」第8話のワンシーン=読売テレビ提供

 「劇団EXILE」の鈴木伸之さん主演で犬飼貴丈さんも出演する連続ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)第8話が3月3日に放送される。

 一狼(鈴木さん)、獅郎(犬飼さん)、莉音(栗山千明さん)は、大須(板尾創路さん)と山田(平田満さん)が諜報員“J”とつながっていると確信。だが、20年前の東京テトラビル爆破事件への関与を明らかにするには関係者の証言が必要だった。

 事件の手掛かりだった中村(松本利夫さん)が姿を消したという知らせが届き、大須か匡(吉村界人さん)の話を聞くしかなくなる。一狼は、入院中の匡に接触することを提案する。

 命の危険を感じた匡が明日にも転院して居場所を変えようとしているという情報を得た一狼は、すぐ動き出そうとする。その時、大須から「今夜会いたい」と獅郎に連絡が。大須は獅郎を殺しにくる可能性が高く、一狼は「危険過ぎる」と止めるが、大須に会う決意をした獅郎の意志は固く……。

 原作は講談社の少女・女性向けマンガアプリ「Palcy(パルシィ)」で連載中の薫原好江さんの同名マンガ。公安捜査官の国下一狼とヤクザの英獅郎が協力し合う関係を周囲に隠すため、2人で偽りの“恋人契約”を結んで動き出す。職業も性格も正反対な男たちが、闇に葬られた事件を秘密裏に追ううち、巨大な陰謀に巻き込まれていく物語。

写真を見る全 6 枚

最新記事

    {%ジャンル記事リスト1%} {%ジャンル記事リスト2%} {%ジャンル記事リスト3%} {%ジャンル記事リスト4以降%}