賀来賢人:二宮和也主演「マイファミリー」で3年連続日曜劇場 濱田岳は初のレギュラー出演

4月スタートの「マイファミリー」に出演する賀来賢人さん(左)と濱田岳さん (C)TBS
1 / 1
4月スタートの「マイファミリー」に出演する賀来賢人さん(左)と濱田岳さん (C)TBS

 俳優の賀来賢人さんが、二宮和也さん主演で、TBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠で4月スタートの連続ドラマ「マイファミリー」に出演することが3月5日、明らかになった。賀来さんが同枠に出演するのは、「半沢直樹」(2020年)、「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(2021年)に続き、3年連続となる。併せて、俳優の濱田岳さんの出演も発表された。濱田さんは同枠にゲスト出演はしているものの、本作で初のレギュラー出演となる。

 賀来さんは弁護士・三輪碧(みわ・あおい)、濱田さんは明るく友達思いの元刑事・東堂樹生(とうどう・いつき)を演じる。2人は鳴沢温人(二宮さん)と妻・未知留(多部未華子さん)と学生時代を同じアパートで過ごしていて、4人は親友という役どころ。

 賀来さんは、「ドキドキする題材のドラマであり、初共演のキャストの方も多く、個人的にとてもわくわくしています」と語り、濱田さんは、「日曜劇場に出演できるということは、いち俳優としてとても光栄なことです」とコメントしている。

 「マイファミリー」は、脚本家・黒岩勉さんのオリジナル作品で、誘拐された娘を救うために奮闘する家族の絆を描く。二宮さんは2018年に同枠で放送された「ブラックペアン」以来、4年ぶりの連続ドラマ主演で、妻役の多部さんとは15年ぶりの共演となる。

 ゲーム会社の社長・温人はある日、小学生の娘を誘拐されてしまう。温人は、妻・未知留と共に、警察の力を借りることなく誘拐犯に立ち向かうが、数々の試練に直面。周囲のさまざまな人間模様も浮き彫りになる……というストーリー。

アニメ 最新記事