川栄李奈:「カムカムエヴリバディ」今後見どころは「恋の行方」 「第67回びわ湖開き」で一日船長

「第67回びわ湖開き」に出席した川栄李奈さん
1 / 11
「第67回びわ湖開き」に出席した川栄李奈さん

 女優の川栄李奈さんが3月5日、滋賀県で開催された「第67回びわ湖開き」に出席。放送中のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「カムカムエヴリバディ」(総合、月~土曜午前8時ほか)で3代目ヒロイン・ひなたを演じる川栄さんは「今後、ひなたと五十嵐(本郷奏多さん)の恋の行方や、映画村の存続を賭けたひなたの挑戦など見どころ満載ですので、楽しみにしていただけたらうれしいです」とアピールした。

 朝ドラ出演者の出席が恒例となっているイベントで、川栄さんは観光船ミシガンの一日船長を務め、琵琶湖をパレード。川栄さんは船長の帽子をかぶり、「第67回を迎える『びわ湖開き』に、一日船長として任命されたことを大変うれしく思います。壮大で美しい琵琶湖を、船で繰り出せることが楽しみです」と笑顔を見せていた。滋賀県の三日月大造知事、大津市の佐藤健司市長らも出席した。

 「カムカムエヴリバディ」は、朝ドラ史上初の3人のヒロインが織りなす100年のファミリーストーリーで、昭和、平成、令和の時代に、ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母、母、娘の3世代親子を描く。上白石さんは祖母の安子役、深津さんは母のるい役、川栄さんは娘のひなた役として、バトンをつなぐ。

写真を見る全 11 枚

アニメ 最新記事