DCU:“瀬能”横浜流星の全力疾走が話題 「段違いに早い」「陸上選手みたい」の声

連続ドラマ「DCU」第7話のワンシーン(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「DCU」第7話のワンシーン(C)TBS

 俳優の阿部寛さんが主演するTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「DCU」第7話が、3月6日に放送された。若手隊員・瀬能陽生を演じる横浜流星さんが全力で走るシーンが登場し、視聴者からは「流星くん、陸上選手ですか?な走り」「速さが伝わってくる走り方」「やっぱり横浜流星ばちくそかっこいい」などの声が上がった。

 第7話では、心臓病の娘のために那由(明日海りおさん)がプロデュースしたリモートダイビングVRのお披露目イベントが病院で開催されたが、事態は一変。海中のリモートカメラが何者かに乗っ取られる。同時刻、沖合で一隻の水上バイクが爆発したとの報告がDCU本部に入る。船着場の映像には、水上バイクに乗り込む成合(吉川晃司さん)の後ろ姿が映っていた。爆発物の破片を回収した結果、那由のリモートダイビングVRで使われているカメラとの関連が発覚する。

 中盤では、那由が、成合を再び殺そうとするが、爆弾を取り付けたリモートカメラが乗っ取られ、親子限定のイベントが開催中の水族館が狙われる展開に。爆発を止めようと、瀬能らが、リモートカメラがターゲットにしているスマホを探し、全力疾走で館内を駆け回る様子が描かれた。

 SNS上では、「DCUの横浜流星くんかっこいい」「水族館の全力疾走はまるで障害物競走の陸上選手だった」「走ってるところも、叫んでるところも、本気が伝わる。流星かっこよすぎる」「あのルックスと身体能力の高さ……少年マンガの主人公だわ」という感想が書き込まれるなど、注目を集めていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る