鬼滅の刃:「鬼滅祭」ビジュアル公開 炭治郎、煉獄さん、宇髄さんが華やかに 配信&ライブビューイングも

「鬼滅の刃」のイベント「鬼滅祭~アニメ参周年記念祭~」のキービジュアル(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
1 / 1
「鬼滅の刃」のイベント「鬼滅祭~アニメ参周年記念祭~」のキービジュアル(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガが原作のアニメ「鬼滅の刃」のイベント「鬼滅祭~アニメ参周年記念祭~」のキービジュアルが3月8日、公開された。ビジュアルは、花火をバックに華やかな着物をまとった竈門炭治郎、煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)、宇髄天元(うずい・てんげん)らが描かれた。4月16、17日に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催されるイベントの模様が配信され、映画館でのライブビューイングも実施されることも分かった。詳細は今後公式サイトで発表される。

 イベントは、4月16日に「遊郭編」、17日に「無限列車編」が開催され、ステージイベント「鬼滅の宴」で声優陣が生アフレコ、朗読劇を披露する。アニメに関するイラストなどが展示されるほか、アニメに登場した無限列車も登場するという。「鬼滅の宴」の「遊郭編」には花江夏樹さん、鬼頭明里さん、下野紘さん、松岡禎丞さん、小西克幸さん、「無限列車編」には花江さん、鬼頭さん、下野さん、松岡さん、日野聡さんが出演する。

 「鬼滅の刃」は、家族を鬼に殺された竈門炭治郎が、鬼に変異した妹・禰豆子を人間に戻すために旅立つ……というストーリー。原作は、2016~20年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、「テレビアニメ『鬼滅の刃』竈門炭治郎 立志編」が2019年4~9月に放送、2020年10月に「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が公開された。「テレビアニメ『鬼滅の刃』遊郭編」が2021年12月~2022年に2月に放送された。新作テレビアニメ「刀鍛冶の里編」が制作されることも話題になっている。

アニメ 最新記事